※設置済みのソーラーパネルは登録済みで転売や再利用なども難しく、高圧電流が流れていてリスクが大きいため、設置前の資材置き場などを狙った盗難が多発。海外などに転売ルートを持っている暴力団関係者が買い取るケースも多いとのこと。 *

ソーラーパネル 6000枚窃盗事件

 茨城県警結城署は31日、太陽光発電システム施工会社「アッシュ」の茨城物流センター(同県結城市)で、ソーラーパネル6198枚が盗まれたと発表した。約1億2000万円に相当するという。
 同署が窃盗事件として捜査している。

 同署によると、2月4日午後2時ごろから3月10日正午ごろまでの間に、敷地内のコンテナに保管していたソーラーパネルが盗まれた。パネルの大きさは2×1メートルで、1枚約2万円という。
時事ドットコム 2020年03月31日

ソーラーパネル 相次ぐ盗難事件
ソーラーパネルの盗難、相次ぐ

◆関連記事
【京セラ】太陽光発電設備工事代金未払い事件、建設業法違反疑惑も →被害の下請け企業、提訴手続き開始へ「大企業としての責任ある態度がまるでない」

京セラの「自然に優しい」太陽光発電がイワナ・ヤマメを全滅 地元漁協組合も解散に →「京セラによる発電所の設置工事現場では、聞こえるのは悲鳴ばかり」

太陽光パネル2000万円相当盗んだアフガン人ら3人逮捕 那須町 →山本建司容疑者(48)、アブドゥル・カデル・アブドゥル・ハディ容疑者(49)、ハディ・ヒワード容疑者(24)を逮捕
代表取締役社長 杉山亮
法人設立 平成25年10月
【本社】
〒110-0004 
東京都台東区下谷 2丁目7番10号

【茨城物流センター】
〒307-0001 
茨城県結城市大字結城字作野谷作310番1
【中国支社】
北海市(チワン族自治区地級市)

        *