●女子高生コンクリート詰め殺人事件
 1988年(昭和63年)11月から1989年(昭和64年)1月の間に、東京都足立区綾瀬で起きた猥褻誘拐・略取、監禁、強姦、暴行、殺人、死体遺棄事件の通称である。事件番号は平成2う1058。

 この事件は、加害者が全て少年(未成年者)であったこと、犯罪内容が重大・悪質であったこと、犯行期間も長期におよび、少女が監禁されていることに気づいていた周囲の人間も被害者を救わなかったことなどの点で社会に大きな衝撃を与えた。

※この事件には"主犯"を含む少年グループだけでなく、成人男女や複数の少女(女子高生ら)が関わっていたともいわれるが、早期の事件解明と起訴最優先という観点から捜査が拡大される方向には至らなかったという経緯がある。

 その延長で本名や出身地がたまたま同じで、ネタとして不良、ヤンキーを扱っていたために誤解されたお笑い芸人がネットで誹謗中傷、脅迫などを受けたとして複数名の男女を訴えるというスマイリーキクチ中傷被害事件も起きている。
(スマイリーキクチこと本名:菊地聡)

※閲覧注意
a

被害少女は週2回のプラスチック工場でのアルバイトの帰りに事件に巻き込まれた。

・主犯格A――懲役20年
・少年B――同5年以上10年以下→仮出所後養子縁組で改名、監禁致傷事件で逮捕・懲役4年
・少年C――同5年以上9年以下
・少年D ――同5年以上7年以下
・その他3人――少年院送致