中国空軍機が宮古海峡の上空を飛行

 中国空軍は25日、爆撃機や戦闘機などが宮古海峡の上空を飛行する演習を行ったと発表しました。

 中国空軍の報道官は25日、爆撃機や戦闘機など40機以上の航空機が、沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡の上空を飛行して、西太平洋に向かう演習を行ったと発表しました。

 遠洋での実践能力を検証するのが目的としていて、中国が東シナ海に設定した防空識別圏でのパトロール飛行も行ったということです。

 「演習はわが国の主権と安全を守り、平和的発展を保障するために必要なものだ」(中国空軍・申進科報道官)

 演習は空軍の攻撃能力を誇示するとともに、沖縄の尖閣諸島をめぐり対立する日本やアメリカをけん制する狙いもあるとみられます。

 一方、防衛省は中国空軍機8機の宮古海峡上空の飛行に対し、航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進したと発表しました。この空域を中国軍の戦闘機が通過するのは初めてですが、領空侵犯はなかったということです。
TBSニュース