●朝日新聞グループ
 朝日新聞・台湾支局長の台湾女性とのW不倫事件に続き、テレビ朝日タイ・バンコク支局長が事件を起こしたようで、ネットにはすでに顔写真や問題の各種画像が出回っています。

 これは謹慎だけで済まされないでしょう。
 尚、朝日新聞はこの件に関して報道をしていないようです。
hato 

YOMIURI ONLINE
【バンコク=児玉浩太郎】
 テレビ朝日バンコク支局の40歳代の男性支局長が7月下旬、外国メディア向けにタイ外務省が開設した無料通話アプリ「LINE(ライン)」のグループ内に、男の裸の下半身画像を投稿していたことがわかった。

 テレビ朝日は同省に謝罪した。

 テレビ朝日の説明などによると、支局長は7月27日深夜、知人女性に送るつもりの画像を、外国人記者ら約150人が登録するグループ※①内に誤って投稿した。

 テレビ朝日は「当社社員が極めて不適切な行為をしたことは誠に遺憾。現在謹慎させている」とコメントした。 

◆関連ニュース
日刊スポーツ
「支局長は7月1日に発令を受け、同13日に着任したばかりだった」

<参考>
テレビ、ついに地獄の悪循環突入で再起不能? 影響力減→CM減→製作費なし


 ※①:バンコクポスト(web版)によると、LINEグループのメンバーは154人で、タイ外務省からの発表、報告などを配信するために開設されたという。 
 
(参考)
【刑法175条】 
わいせつ物頒布等の罪 
「わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。 
電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする(第1項)。 


<追記>
 ネットでは実名、経歴等も出回っているようですが、倫理的に問題はあるものの今のところ明確な被害者や犯罪性が確認出来ていませんので、とりあえず氏名等の個人情報公表は保留とさせていただいています。
 情報をお寄せくださったかたにお礼を申し上げるとともに、当サイトのポリシーをご理解いただきますようお願いいたします。