吉村洋文

 ◇公金を使って開催したことに強い違和感

 大阪府の吉村洋文知事は2日、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が呼びかけている大村秀章愛知県知事の解職請求(リコール)運動について「取り組みには賛成だ。応援する」と述べた。府庁で記者団の取材に答えた。

 大村氏が実行委員会会長を務めた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」は、昭和天皇の肖像を踏みつける動画や慰安婦像を展示した。

 吉村氏は表現の不自由展について「公金を使って開催したことに強い違和感を持っている」と強調。
 その上で「リコールという制度が民主的に認められているので、それに取り組むことには賛成だ」と述べた。

 一方で「今は新型コロナウイルスの対応に集中しなくてはいけない。大阪都構想の住民投票もどうしても実現したい。大阪府政に集中する」として、具体的な活動とは一線を画す考えを示した。
産経新聞 2020.6.2

●あいちトリエンナーレ2019 
「表現の不自由展に関する会議、要した費用一覧」
あいちトリエンナーレ 会議費用一覧
合計 ¥82,495,315


大阪府・吉村知事:
「僕は応援します。賛同しますということです」

 大阪府の吉村知事が、6月2日に口にした応援発言が波紋を広げている。
知事が応援すると明言したのは、美容外科・高須クリニックの高須院長らが愛知県の大村知事の解職を求めて始めたリコール運動。

高須クリニック・高須克弥院長(6月2日):
「国にとって恥ずかしい、愛知県民にとって恥ずかしい、そういうことをしてくれる知事は支持できない」

 高須院長らは、2019年開催された「あいちトリエンナーレ」の企画展『表現の不自由展』の展示内容などをめぐり、主催者である大村知事を批判。
リコール運動を進めるための政治団体を結成することを明らかにした。

吉村洋文 大村秀章
リコールのための住民投票を行うには、 86万人の署名 が必要になる。

 ◇吉村知事がこの運動に賛同する理由として…

大阪府・吉村知事:
「いわゆる公金も使って、あの『表現の不自由展』を開催したことについて、僕は強い違和感を感じています」

知事が、別の自治体の知事に対するリコール運動を支援するのは異例。

1週間前も“吉村×大村”バトル
この二人の知事を巡っては、1週間前も大村知事が「大阪で医療崩壊が起きていた」と発言したことを巡ってバトルがあった。

愛知県・大村知事(5月26日):
「(大阪は)実際どのくらい病院に入れなかったか、そして救急をどのくらい断ったのか」

吉村洋文
吉村洋文(大阪府知事)@hiroyoshimura

大阪府・吉村知事(5月28日):
「なぜ東京と大阪の医療崩壊が起きたと何の根拠でおっしゃったのか。よく意味がわからない」

 吉村知事はツイッターでも。
「根拠のない意見を披露する前に、県は名古屋市ともう少しうまく連携したらと思います」
…と、『表現の不自由展』を巡って対立が鮮明となった、名古屋市の河村市長との関係をチクリ。

河村たかし 抗議の座り込み

 ◇そんな河村市長は

名古屋市・河村市長(6月2日):
「僕も当然(リコールを)応援しますよ。市民のためにも、県民のためにも、国民の皆さんのためにも」

SNSでは
「吉村知事が憤慨するのも当然だ」と支持する声がある一方で、「他府県の知事が賛同のエールを送るのはどうかと思うよ」などと疑問の声も出ている。

 ◇当の大村知事は「ご随意に」

愛知県・大村知事:
「法律に触れなければ、それはご随意にということではないか」

「Live News it!」6月3日放送
FNN Live News it! 

        *        *

◆関連記事
高須院長 大村愛知県知事のリコール目指す会設立「県民として支持できない」 →「税金で行った展示内容がふさわしくない。愛知県民として恥ずかしい」

【あいちトリエンナーレ】“日本人ヘイト”企画展物議 文化庁が補助金不交付から一転、減額交付へ →「表現の不自由展」再開、大村秀章知事は河村たかし市長の公開質問を無視

大村秀章知事「即位の礼」参列に95%が反対 「どの面下げて陛下にお会いに?」「門前払いが良い」 →竹田恒泰氏「我が国の象徴に敬意も表さない貴殿に皇居の濠を渡る資格ない」