川崎で発砲事件

 17日午後8時25分ごろ、川崎市川崎区大島2丁目の路上で「拳銃で撃たれた。けが人がいる」と110番通報があった。川崎署員が駆けつけたところ、男性が首付近を撃たれていたほか、女性もけがを負っていた。いずれも搬送時、意識はあったという。同署は暴力団関係のトラブルの可能性もあるとみて調べている。

 署によると、撃たれた男性は50代とみられ、病院に搬送される際「やられた、やられた」と話した。発砲したのは男で、JR川崎駅方面へ徒歩で逃走したという。

 現場は同駅から南東に約1・8キロの幹線道路沿い。近くに住む40代の自営業男性は「車が金属板を踏んだような『バン、バン』という音が5回くらい聞こえた。まさか、発砲音だったとは」と驚いた様子。現場は自宅の目と鼻の先だけに「普段は治安がよく、近所でこんな事件が起きるなんて」と言葉少なだった。

 現場近くのファミリーレストランの男性店員(41)は「パトカーや救急車が10台くらい集まっており、ただ事ではないと思った。現場は規制線が張られ、人だかりができていた」と話した。
神奈川新聞 1/17(木)