※当初の予想通り、見苦しい責任の擦り合いになっているようです。
・津田大介氏「知事の要望で“とんがった感じ”に。最終的に知事が承認。実行委の責任」
・大村秀章知事:「津田監督に全責任
・東浩紀氏:「責任は津田さんにあり、~」
・実行委員会「(津田氏を)訴えてやる!」
決して自分の非を認めず、「我々は悪くない、日本人が悪い」と世界中に嘘をまき散らして恥を晒している某民族そっくりのマインドです。

天皇の御真影を焼いて踏み潰し、特攻隊員を侮辱し、「日本人は絶滅危惧種、バカ、間抜け、病んでいる」などの罵詈雑言を並べた作品を展示した責任は、実行委員長の大村秀章知事以下、津田氏、東氏、その他実行委員会のメンバーすべてにあります。協賛・協力企業も「知らなかった」では済まされません。

※これらを一切報道せず、慰安婦像問題に矮小化して「表現の自由」「検閲」に論点をすり替え、芸術に名を借りた反日プロパガンダに加担する朝日新聞、東海テレビ(フジTV系列)その他、反日左翼に汚染されたメディアの偏向報道についても検証されるべきです。

和田正宗

「時代の肖像ー絶滅危惧種 idiot JAPONICA 円墳ー」
馬鹿な日本人の墓
作者曰く、「間抜けな日本人の墓」:円墳にアメリカ国旗が敷きつめられている。

 上の作品では、日本人を「絶滅危惧種」「病んでいる」などと書き、上部に特攻隊員の寄せ書きの日の丸を貼り付け、ドイツ語で、愚か、馬鹿、阿呆、白痴などを意味する「idiot」がタイトルに含まれている。 *


 ◇別の展示に参加の米国報道機関が出品の取り下げを要請(共同通信

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題を巡り、芸術祭の企画アドバイザーを務める思想家東浩紀さんが14日、辞任する意向をツイッターで明らかにした。

津田大介 東浩紀
東氏はくねくね身をよじらせながら茶化し、津田氏の暴走をさかんに煽っていた

 また、企画展とは別の展示に参加する米国の報道機関が出品の取り下げを要請し、10日から展示が休止されているほか、スイス出身の作家らも展示中止を求める声明を出したことが14日、芸術祭実行委員会への取材などで分かった。

 ツイートによると、東さんは、こうした海外の作家らの動きが出たことを受け「ぼくの力が及ばず、申し訳ありませんでした」と謝罪した。
共同通信 2019/8/14

大村秀章

 ◇大村知事に批判殺到! ツイート削除し監督に責任丸投げ(zakzak

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展で、昭和天皇の写真をバーナーで焼いて灰を踏み付けるような映像作品などが展示され、開幕3日で展示中止になった問題をめぐり、実行委員会会長である愛知県の大村秀章知事に批判が殺到している。自身の一部ツイートを削除したうえ、企画展の中身について「芸術監督の責任」などと記者会見で発言したのだ。

 《なんで消したんですか?》《自分が間違っていないと仰るなら、堂々となさってはいかがでしょうか》《批判が集まったツイートを削除するのも表現の自由ですか?》

 大村氏のツイッターには、このような書き込みが殺到している。1000件以上あるツイートもあった。
 和田政宗議員も「展示の意図、説明するべき」とコメントしている。

河村たかし
「国民の心を踏みにじる。公的なイベントとして不適切」河村市長

 ◇河村たかし市長が知事に展示中止を求めた日に関連ツイートを全削除

 13日正午時点で大村氏のツイッターを確認すると、7月中は毎日投稿していたが、8月2日以降は投稿がなかった。1日以前のツイートも一部削除されていた。2日は、名古屋市の河村たかし市長が企画展を視察し、「国民の心を踏みにじる」として、展示中止を求めた日である。

 企画展では、昭和天皇に関する映像作品をはじめ、「慰安婦像」や、英霊を貶めるような作品が並んでおり、開幕直後から「公的資金を投入したイベントとして不適切」と批判が殺到した。

 テロや脅迫ともとれる抗議まで相次いだため、大村氏は3日、「安全な運営が危ぶまれる」として展示中止を発表した。

 ネット上で削除が指摘される大村氏のツイートの中には、大村氏と、芸術祭の芸術監督でジャーナリストの津田大介氏とのツーショット写真(7月31日付)もあった。

大村秀章 津田大介
あいちトリエンナーレ実行委員長の大村秀章知事と津田大介芸術監督

 ◇突然ツイッターを再開、怒涛の盆踊りツイート「おめでとうございます」

 「言論の自由」を声高に主張していた大村氏だが、どうして自身の発信を消し去ったのか?
 夕刊フジが愛知県に取材していたところ、大村氏は13日、《最近、私は過去のツイッターの一部を削除しましたが、これは愛知トリエンナーレの展示の一部中止の件と関係のないお知らせの関係者に対し、同件に関する書き込みがなされ、ご迷惑をおかけする事態になったため、やむを得ず削除したものです》と、突然再開したツイッターで釈明した。

お盆に「おめでとう」

 さらに、大村氏は同日の記者会見で「芸術の中身などについては、芸術監督(=津田氏)が全責任をもってやっておられる」「芸術監督を決めた以上はそこで作品の中身、芸術の中身などはお任せする、基本的には芸術監督の責任で仕切ってもらう」と語った。

 この会見を受け、ネット上では、《全責任丸投げ》《昭和天皇の写真を焼いて踏みつける映像を『展示すべき作品』と思っているのかどうかを表明してください》などと、批判・意見が相次いでいる

 大村氏の問題をネットで取り上げた自民党の和田政宗参院議員は「大村氏の説明に、多くの人が疑問と不満を感じているから書き込みが集中している。大村氏と津田氏が逃げずに、展示内容の詳細や、どういう意図で展示したかを改めて説明すべきだ」と語っている。

大村秀章知事 記者会見 
大村秀章知事定例記者会見

あいちトリエンナーレ
「反日プロパガンダ芸術祭」主催トリオ⇒全員アウト!です。


◆関連記事
“芸術監督”津田大介氏登壇のシンポ中止へ 神戸市、現代アート関連
 →「神戸の評判が落ちる」などの抗議の電話が殺到し、「今の情勢では開催は厳しい」(神戸市)

【あいちトリエンナーレ】慰安婦像や昭和天皇の御真影焼却映像などの展示中止問題 →韓国内の反日ムードに呼応するように、反日左翼勢力の政治プロパガンダが表面化/脅迫FAXの男(59)を逮捕

Wスタ大村秀章知事が責任転嫁 卑怯な論点ずらしで市長を攻撃 「河村市長の主張は憲法違反の疑い」 →「表現の自由を定めた憲法21条に違反した検閲ではないか」と批判

慰安婦像展示者へ謝罪要求 河村市長「不適切な展示を許可した責任がある。やめれば済む問題ではない」 →河村市長は2日、展示中止を求める抗議文を大村秀章愛知県知事に提出。

【あいちトリエンナーレ】「表現の不自由展」中止に 慰安婦像や天皇の御真影を燃やす展示品めぐり抗議殺到 →企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決定