[Bangladesh newsnextbdより]

●死亡男性は本籍岩手県雫石町の星邦男さんで、現地で農業関係の活動に従事していたことが日本大使館の係員によって確認された。

 星さんは8月下旬に入国、首都ダッカから北西に約200キロ離れたランプルの近郊にある友人宅に滞在していた。3日、ランプル近郊を歩いていた際、バイクに乗った覆面の男3人が発砲、星さんは胸などに銃弾を受け、病院に搬送される途中で死亡が確認された。
静岡新聞NEWS


 【ニューデリー=岩田智雄】
 在バングラデシュ日本大使館によると、同国北部ロングプール県(ランプル)で3日午前、60代の現地在住の邦人男性がオートバイに乗った3人組の男に胸などを銃で撃たれ死亡。

 現地のメディアは被害者の氏名をホシ・クニオさん(65)と伝えている。
 ロイター通信によると、イスラム教スンニ派過激組織ISILの支部を名乗るグループが犯行を認めたが信憑性については不明。

 バングラデシュでは最近、イタリア人男性が殺害され、 イスラム国が犯行声明を出していた。
 警察は、事件に関係した疑いで4人の身柄を拘束したという。
産経新聞/NEWS24

 

※JICAがらみのシニア海外ボランティアでバングラデシュやアフリカなどに行く人がけっこういるようです。
 被害者の方の年齢からすると、シニアボランティアのかたではないかとも思われますが、詳しいことは分かっていません。

シニア海外ボランティア(JICA)
 自分の知識や技術、経験を開発途上国の人々のために活かそうという第二の人生プランの提案。
 計画・行政、農林水産、人的資源、保健・医療、社会福祉など多岐にわたる分野でJICAが募集している。