■2005年4月29日 午後1時40分頃
 高松市浜ノ町、会社員大西正芳さん(48)の二女有紀ちゃん(5)が、母親(42)と姉(小学校3年生)と一緒に参加していたイベントで忽然と消えた事件。
yuuki2 
《場所》
 香川県坂出市王越町五色台竹林
 (=五色台連絡協議会主催のタケノコ掘りイベント会場)
 ⇒参加者 親子連れ約60名

《当日の状況》 
・イベント開始:13時
・14時の集合時間の少し前、4本目を自分が発見して喜んでいた有紀ちゃんは、「もう1本とってくる」と母親に告げた後、遊歩道を時計回りに歩き、ひとりで竹林へ

・集合時間間近になっても有紀ちゃんが戻って来ないため、母親と他の参加者たちとで付近を探したが見つからず、15時になってビジターセンターが警察に連絡。

・15時45分頃、警察が到着。
 17時頃、消防も到着し、本格的に捜索が始まったが、有紀ちゃんも有紀ちゃんの所持品も発見されなかった。

tanbeike
《失踪現場と捜査状況》
・現場は車も入れないような山間部

・竹林のすぐ横に通称タンベ池があり、竹林の奥に山林もあるため、連日100~200人態勢で徐々に範囲を広げて捜索したものの有力な手掛かりもないまま現在に至っている。

・警察犬と延べ3000人の捜査員を動員したが、手がかりとなるような遺留品も一切見つかっていない。

・有紀ちゃんの水筒の臭いを頼りに警察犬に行方を探させたが、二日間の捜索で5匹の犬すべてがある地点で立ち止まり、そこから先の有紀ちゃんの足取りを辿ることができなかった。

《有紀ちゃんの失踪当時の特徴》
・当時5歳(幼稚園年長)
・身長106㎝、体重15.5㎏
・肩までのおかっぱ
・ピンクの帽子(左側に花模様)
・赤とオレンジのしま模様の長そでTシャツ
・紺の長ズボン(オレンジの3本ラインが入っている)
・軍手(白・子ども用)
・ピンクの靴(甲に白いウサギがついている) 

inu-sousaku
※母親たちとは竹林を挟んで反対側の池の近くで有紀ちゃんの足取りが消えている。
(地図参照)


※一部では鷲などの大型鳥類に連れ去られたのではないかという説もあるが、鳥を目撃した人はいない。

 幼児を連れ去るほどの大型の猛禽類の場合は、営巣場所が限られるため毎年同じ巣を使うことが多く、その年にだけ現れたということは考えにくい気がします。

※地元の鳥類研究家などのかたがもしご覧になっていたら是非ご連絡をください。

《失踪に気がつくまでの約20分間に何があったのか》
●坂出市は瀬戸大橋のたもとにあり、五色台から瀬戸大橋の坂出インターまで直線距離で約7.85㎞
sakaide











・20分の間に犬が止まった最終地点から逆に戻るような形で有紀ちゃんを連れて移動し、カーブの手前で脇道に逸れるなどして大型リュックに入れ、自転車などで移動すれば、警察が到着する前に車に乗り継ぎ瀬戸大橋を渡ることも可能ではないかという気もします。

◆情報をお待ちしています。
 坂出警察署 0877-46-0110
yuuki-00