t
[南北軍事境界線近くの非武装地帯(DMZ)を訪れたティラーソン米国務長官(右)。左はブルックス在韓米軍司令官」

 ◇米国務長官、韓国の面会申請を次々却下 多忙を理由

 ティラーソン米国務長官が17日に訪韓したが、韓国側は尹炳世(ユンビョンセ)外相主催の夕食会や洪容杓(ホンヨンピョ)統一相との会談を打診したものの、多忙を理由に全て断られた。複数の米韓関係筋が明かした。

 韓国内では「大統領が罷免(ひめん)された政権に用はないということか」(政府関係者)との声も出たが、野党出身の丁世均(チョンセギュン)国会議長も面会を断られた。
 関係筋の1人は「ティラーソン氏は米中外相会談の準備に時間を割きたいようだ」と語る。
朝日新聞デジタル


◆関連記事
ティラーソン氏訪日、初の記者会見 北核開発阻止に「新アプローチ必要」
 →2月1日の就任後初めてメディアを通じて肉声を伝えた

【朝鮮半島】米国、日本の自衛隊を北朝鮮上陸作戦に加える可能性 韓国THAAd配備
 →日米合同作戦で各種上陸訓練実施

【米時期大統領政権】トランプ氏、国務長官に石油大手エクソンCEO=親露派を起用する見込み
 →ロシアと強いパイプを持つ
 →米国務長官は強力な権限を持ち、政権を実質支配するキャビネットの最高位