米空母、4月15日ごろ朝鮮半島周辺に到着する見通し(4月11日)new_a001

原子力空母カール・ビンソン

【ワシントン時事】
 ロイター通信は8日、米海軍の原子力空母カール・ビンソンがシンガポールから朝鮮半島近海へ向かうと報じた。

 弾道ミサイル発射の挑発行為を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いがあるという。

 米当局者はロイターに対し、北朝鮮の懸念される振る舞いを受けて「(軍事)プレゼンスの強化が必要だと感じている」と語った。北朝鮮は5日、東部から日本海へ向けて弾道ミサイル1発を発射。近く核実験を実施する可能性があると韓国政府も認めている。
時事通信


◆関連記事
【朝鮮半島】米国、日本の自衛隊を北朝鮮上陸作戦に加える可能性 韓国THAAD配備
 →米軍による在日米軍基地と日本の自衛隊の積極的利用を示唆

【韓国】米原子力空母カール・ビンソンが釜山入港=北朝鮮牽制
 →「金正恩朝鮮労働党委員長ら指導部を排除する任務」の計画も

米空母カール・ビンソン、南シナ海に=中国を牽制か
 →90機の固定翼飛行機、ヘリコプター搭載可能。CIWSなどの防空システム装備。


 ◇カール・ビンソンに着艦するFA18E戦闘機
f18

f-18