f

  連休が明けた8日、強い風に見舞われて、東北地方では山火事が相次いだ。
 強い風の音とともに、闇に浮かぶオレンジの炎。
 これは、午後9時すぎに撮影した、岩手・釜石市の山火事の様子。
 9日午前0時前現在も、延焼が続いている。

 山火事は、8日正午前に発生した。
 釜石市では、午前11時前に最大瞬間風速25.9メートルを観測するなど、強風が吹き荒れ、火の手は瞬く間に広がった。
 136世帯348人に避難指示が出されており、いまだ鎮火のめどは立っていない。

 山火事は、隣の県でも発生した。
 宮城・栗原市で8日昼すぎ、山林から火が出ているのを住民が見つけ、消防に通報した。
 道幅が狭い山道には、消防車が入れず、ホースを伸ばすが、なかなか放水できない。
 自宅から引っ張ってきたホースで、延焼を防ごうとする男性の姿もあった。

 栗原市では午後1時、最大瞬間風速18メートルを観測。
 住民たちは山林から広がる火の手を、なすすべなく遠くから見つめていた。
 自宅が被災した男性は「(ご自宅は?)すぐ、あの前の住宅です。(燃えているところ?)そうですね。3棟あるんですけど、全部。山が次々と燃え移って、まさか...」と話した。

 一時、2つの地区、117世帯392人に避難指示が出され、4世帯11棟が焼けたのち、8日午後8時すぎ、鎮火した。

 一方、福島・会津坂下町では、午前11時50分ごろ、住宅から出火した。
 火は隣の山に燃え移り、山林の一部、そして住宅など6棟が焼けた。
 なぜ、東北地方の太平洋側で、同時多発的に山火事が起きたのか。

 ◇原因の1つと考えられるのが「フェーン現象」 5月に多く発生

 低気圧の影響で、日本海側からの西寄りの風が強まり、山を越えた太平洋側では、乾いた強い風が吹き降ろす、フェーン現象が発生しやすい状況にあった。

 2年前の林野火災発生件数のグラフでは、5月が258件と、1年で一番多いことがわかる。

 総務省消防庁特殊災害室・菊地勝治課長補佐は「(5月は)枯れ葉が地上に積もり、下草も枯れているうえ、空気が乾燥して、季節風(フェーン現象)が吹くなどすると、林野火災が発生しやすい。

 またこの時期は、山菜採りや森林でのレクリエーションが始まったりして、入山者が増えることも、山火事の原因の1つ。例年統計を取ると、だいたい、人為的な要因が6割を占めている」と話した。
 今後も、乾燥した状態が続くとみられる東北地方。
 警戒が必要となる。
Fuji News Network 5/9(火)


        *