cvn-70
[カール・ビンソン」(CVN-70)]

 米原子力空母「ロナルド・レーガン」(CVN-76)が北朝鮮の軍事脅威が高まっている状況で、日本海で作戦を展開していた「カール・ビンソン」(CVN-70)空母戦団と任務を交代する。

 米CNN放送は9日(現地時間)、神奈川県横須賀海軍基地に停泊していたロナルド・レーガンが、1月から4カ月余りの間行われていた維持・補修作業をほぼ終えたことを受け、近くカール・ビンソン空母戦団と任務を交代すると報じた。

 ロナルド・レーガンは今月7日から日本の東部海域で試運転に入った状態だ。米海軍専門誌「ネイビー・タイムズ」も、海軍消息筋の言葉を引用し、カール・ビンソン戦団との任務交代に向けて、F/A-18E/F スーパーホーネットなど、ロナルド・レーガンに搭載された60機余りの戦闘機のパイロットが緊急発進や帰還など4200回にわたる訓練を行う予定だと伝えた。

 新たに韓半島(朝鮮半島)海域に向かうことになるロナルド・レーガンは2003年7月に就役した。ニミッツ級原子力空母では9番目となる。
 乗員4539人に航空機約60機を搭載し、最大90機まで搭載することができると言われている。

 一方、カール・ビンソン戦団は先月25日ごろに日本海に入り、韓米合同訓練などを通した武力示威を繰り広げながら北朝鮮の大型挑発の抑制に大きな役割を果たした。
中央日報日本語版 5/11(木)

[ロナルド・レーガン(CVN-76)]
CVN-76


◆関連記事
【中国】米軍・ハリス司令官の更迭要求 北朝鮮への圧力の見返り
haris →米中が対立している南シナ海問題などで対中強硬姿勢を示すハリス米太平洋司令官(海軍大将=右)の更迭を要求するも、アメリカに一蹴される。

【南シナ海】中国潜水艦、米空母に接近 日本近海、06年以来
 →イージス駆逐艦ラッセンが中国が南シナ海に造成した人工島周辺を航行したことへの牽制か