※これは本末転倒、表現の自由に対する「事前規制」の風潮が強まり、抵抗なく受け入れられることのほうがたいへん危険だと筆者は考えます。

BlogPaint

 神奈川県川崎市は16日、市立公園や公民館などの公的施設でのヘイトスピーチを事前規制するガイドライン案を市議会常任委員会で示した。
 ヘイトスピーチによって他の利用者への危険性が明らかな場合にのみ、施設利用の不許可と許可取り消しが可能とした。
 20日から1か月間、パブリックコメント(意見公募)を受け付け、11月にガイドラインを策定、来年3月末から運用を開始する方針。ヘイトスピーチを事前に抑止する全国初の施策となる。

 ガイドライン案では、公的施設の利用に関して「不当な差別的言動の恐れが客観的な事実に照らして具体的に認められる場合」に、警告、条件付き許可、不許可、許可取り消しができるとした。
 その上で、不許可と許可取り消しについては、他の利用者に著しく迷惑を及ぼす危険が明白な場合にのみ可能と明記。
 判断の公平性や透明性を担保するため、市が設置する第三者機関に事前に意見を求めることを義務付けた。

 ガイドラインは施設側が利用制限する際の基準を明確にするために策定する。
 市の担当者は「運用開始前でも、施設管理者はガイドラインに沿った形で不許可の判断ができる」と説明した。
産経新聞2017.6.17


◆関連記事
【ヘイトスピーチ】ドワンゴに投稿動画の削除を要請-初認定(大阪市条例)
 →市長の諮問機関である審査会が調査、審議のうえ認定

香山リカ氏、チャンネル桜とキャスター3名を提訴
 →「極右政党によるヘイトスピーチ等に強く抗議してきた経緯から憎悪の対象とされ、プライバシーを侵害され、誹謗中傷、デマを拡散された」(香山氏)

ヘイトスピーチ(憎悪表現)解消法に向けられた懸念
 →表現の自由に対する「事前規制」につながる危険性を孕む

有田芳生議員、ツイッターで国民を「無知=無恥」と誹謗中傷、言論弾圧
 →「ヘイトスピーチ禁止法案」採決見送りに強く抗議

arita