※神奈川県警の元刑事A氏によると、故吉田清治氏は朝鮮半島の某組織から借金をしており、吉田氏長男も「人生の大半は定職につかず生活は常に困窮していた」と語っているように、わざわざ韓国まで行って謝罪碑を建てる余裕などなかったのは明らかです。

 天安市の国立墓地に故吉田氏が本案件の謝罪碑を建てたのは1983年。
 元産経新聞記者で帝京大学教授の髙山正之氏によると、1990年代にも大金をはたいてソウルに行って謝罪し、謝罪碑を建てたということですから、建立は吉田清治氏の意思によるものではなく、資金を提供した組織によって半ば強要されたものではないかと筆者は推測しています。

 上記元刑事A氏も、吉田氏の謝罪行脚をテレビで視ていて「正直なところ、可哀そうだなと思いました。(略)痩せちゃっているし、おびえている姿そのものでしたよ」と証言しています。

hi


【ソウル=桜井紀雄】
 朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が韓国に建てた謝罪碑を無断で書き換えたとして、公用物損傷罪などに問われた元自衛官、奥茂治被告(69)は16日、懲役6月、執行猶予2年の有罪とした大田(テジョン)地裁天安(チョナン)支部の判決を不服として控訴した。

kankoku

 昨年12月に即日結審した公判では、検察や弁護人と裁判官のやり取りの大半に加え、論告求刑や最終弁論も通訳されなかった。奥被告は「罪状を判断するのに重大な欠落がある」と主張している。

 奥被告の出国禁止措置は、昨年6月に韓国警察の出頭要請に応じて入国してから200日間を超えているが、控訴を受け、さらに長期化する可能性がある。

 判決は、韓国中部、天安市の国立墓地が管理・使用する物件を損傷したとの判断を示したが、奥被告は「どのような過程で公用物となったのか、立証が不十分だ」と主張。
 検察は求刑で「被告は慰安婦問題を歪曲しようとした」と述べたが、奥被告は「歪曲する意思は全くなく、(書き換えは)公的施設が嘘の碑文を使い続け、国際的に韓国の信用が低下するのを防ぐ行為だ」とも反論している。
産経ニュース 2018.1.16

        *

◆関連記事
【謝罪碑書き換え】奥茂治被告に猶予付有罪判決「故意があり、緻密に計画」
 →懲役6月執行猶予2年(求刑・懲役1年)の判決

慰安婦碑書き換えの奥茂治氏、出国停止180日「何年かかっても吉田証言の嘘訴える」 →「日韓友好の妨げになっている吉田氏の嘘の碑文を消したい」奥氏

【公用物損傷罪】奥茂治氏(69)の初公判、検察、懲役1年を求刑「問題歪曲しようとした」 →奥氏は6月24日に韓国に出頭以来、出国禁止(180日超)に

「韓国は墓穴掘った」日本政府は反撃に利用を
 →韓国検察、元自衛官の奥氏を「公用物損傷」で在宅起訴

歴史戦を1人で戦う元自衛官=奥茂治氏(69)
 →日本統治時代の済州島で「慰安婦狩り」をしたという故吉田清治氏の嘘を追及


※大高未貴(おおたか・みき)氏のスクープ
『慰安婦像をクレーン車で撤去したい』(故吉田清治氏長男の独占インタビュー)
新潮45 2016年 09 月号 [雑誌]
新潮45 2016年 09 月号 [雑誌] 
(定価¥880)