※すでに20年以上前から北極の異変が伝えられ、《氷の墓標》と言われていたグリーンランドのイルリサット氷河も1995~2004年の10年で15㎞後退するなど、氷河の流出が加速していると警告されていました(2006年時点)。

 地球シュミレータによると、このまま温暖化傾向が続き「海が凍らなくなった」グリーンランドの氷床が解け始めた場合、今世紀末までに海面が10㎝上昇、グリーンランドの氷が完全に消えた場合、海面は6メートル上昇し、東京の埋め立て地帯や下町は完全に水没することになります。

        *

グリーンランド インナースート島
グリーンランド‐インナースート(Innaarsuit)島

 グリーンランド(デンマーク領)西部の小さな村のそばに巨大な氷山が漂着し、津波の危険性があることから、付近の住民が避難する事態となっています。

 氷山から海に崩れ落ちる巨大な氷の塊。その波しぶきが住宅に迫っています。
 グリーンランド西部の人口およそ170人の村・インナースートのそばに山のように巨大な氷山が漂着し、今にも衝突しそうになっています。

 漂流しているのは高さ100メートルの氷山。ひび割れて崩落した場合、津波によって沿岸部が水没する可能性があるという。

 地元メディアによりますと、氷山が崩れ落ちて生じる津波により、家が水没する危険性があることから、沿岸部の住民は高台に避難したということです。

グリーンランド 氷山

 住民によりますと、大きな氷山が村のすぐそばまで流れ着くことはこれまでにもあったといいますが、今回の氷山が今までで一番大きいということです。 
AFP=時事
TBS系(JNN) 7/15(日) 

        *

◆関連記事
【北極異変】グリーンランド溶解、温暖化で氷河流出2.5倍
 →イルリサット氷河から氷山群が流出

南極の巨大氷河が急速に解けている理由は気温上昇だけではない その原因は「西風」にあった →温かい海水の湧昇により、氷が毎年630億から800億トン減少

【スイス】氷河から75年前不明のスイス人夫婦の遺体 →スイス南部の標高2600メートルの氷河が溶け、夫婦の遺体とともにリュックサックや瓶、本、腕時計が露出

【日露研究チーム】氷漬けのホラアナライオン=完全体発見、世界初-生態解明に期待 →永久凍土に5万年以上氷漬けになっていた生後1か月の個体発見