アウレア・バスケス・リホスとウスターさん
アウレア・バスケス・リホス(下)と殺害されたウスターさん

 米自治領プエルトリコ(Puerto Rico)の中心都市サンフアン(San Juan)で21日、殺し屋を雇って富豪の夫を殺害した罪に問われている、美人コンテストの元優勝者の公判が開かれた。女は7年間にわたり欧州で逃亡生活を送っていた。 

 検察が提出した起訴状によると、アウレア・バスケス・リホス(Aurea Vazquez Rijos)被告は2005年9月、殺し屋を雇い、金銭目的で夫のアダム・アンハング・ウスター(Adam Anhang Uster)さんを殺害させた。 

アウレア・バスケス・リホス 現在

 被告は殺害を依頼する半年前に婚前契約書を交わしており、裁判文書によれば、離婚の場合よりも死別の場合の方が、被告はより多くの金額を受け取ることになっていた。 

 カナダ人で不動産デベロッパーのウスターさんは、プエルトリコに複数の物件を所有。裁判文書によれば、死亡当時の純資産は2400万ドル(約27億円)だった。 

 検察側によると、ウスターさんは結婚直後から被告との離婚の道を探っていたという。 

 ウスターさんが殺害されたのは2005年9月22日。被告に夕食のためレストランに呼び出され、店を後にする際に殺害された。強盗目的に見せかけるため、殺し屋は被告をも攻撃したという。 

Jonathan Román Rivera
実行犯のJonathan Román Rivera被告

 その後殺し屋(Jonathan Román Rivera)が犯行を自白。被告は2008年に検察から起訴する前にイタリアへ逃亡していたが、2013年にスペインで逮捕され、プエルトリコに送還された。 

 その一方で被告は無罪を主張している。
【8月22日 AFP】(c)AFP 

アウレア・バスケス・リホス、Jonathan Román Rivera
ウスターさんを殺害したJonathan Román Rivera(左下)

アウレア・バスケス・リホス
アウレア・バスケス・リホス(左)と殺害されたウスターさん