※暴対法によって関東の暴力団が徐々に勢力を削がれて弱体化する中で生まれたの「関東連合」的なものが大阪にも生まれたという事は、関西で絶対的な勢力を誇っていた山口組が、長期にわたって分裂や再編を繰り返しているあいだに隙が生まれたということなのでしょう。
「ヤクザは必要悪である」と主張する人たちに言わせれば、暴対法や暴排除条例で締め付け過ぎればこのような無法集団が蔓延り、チンピラや外国人が組織するギャングが台頭する、堅気とヤクザ(任侠)が保っていたバランス崩したのは警察だという理屈(詭弁)になるんでしょうね。

半グレ「軍団立石」

 暴力団ではないが、凶暴はそれに匹敵するとされ、急速に存在感を増している不良集団「半グレ」。改正暴力団対策法や暴力団排除条例の制定により、表立った活動が難しくなった暴力団に代わり台頭が著しい。
 警察庁が一部を「準暴力団」と位置づけて全国警察に取締の強化を指示する中、これまでも半グレが暗躍してきた大阪ミナミでまた一つ、危険な集団が浮上した。
 その名は「軍団立石」。大阪府警は7月、酔客をターゲットに強盗致傷事件を繰り返したとして、メンバーを一斉摘発した。情け容赦ない、彼らの手口とは-。

因縁付けて執拗に暴行

 「なにメンチ切っとんねん」

 「俺の女に手を出したやろ!」

 昨年9月、若者やサラリーマンが行き交うミナミの歓楽街で、酔客がこんな因縁をつけられ、暴行されて金品を奪われる強盗致傷事件が相次いで発生した。

 府警によると、被害に遭ったのはいずれも、クラブ周辺を歩いていた10~20代の男性6人。見るからに不良然とした男から突然声を掛けられ、反論すると、どこからともなく集まった仲間の男らに取り囲まれた。

 犯行グループの特徴は執拗なまでの暴行。前歯を折られたり、頭部に全治3週間の打撲を負わされたりした被害者もいた。うむを言わさない暴力で相手を無抵抗にした上で、現金の入った財布やかばんを奪うのが手口だった。被害総額は約130万円に上った。

 府警は今年7月までに強盗致傷などの容疑で、リーダー格の無職男(24)ら18~28歳の男女8人を逮捕、送検。取り調べの過程で、男らが「軍団立石」なるグループ名を自称していることが分かった。

市民狙って悪行尽くす

 捜査関係者によると、軍団立石は数年前に活動を始め、10~20代の約60人で構成。グループ名は結成当時の中心メンバーにちなんで名付けたとされる。

 一般市民を狙った強盗致傷や恐喝、詐欺などをシノギ(資金獲得活動)とし、中心メンバーには暴力団組織との個人的な関係が確認されている。

 摘発された8人はグループのメンバーやクラブ仲間ら。暴行役や加勢役、金品を奪う役などそれぞれが役割を持ち、盗んだ現金や金品を換金して分配するなど、組織立って暴行や強奪を繰り返していた。

 今回の摘発後もメンバーに反省の色は見えず、こう言い放ったという。「相手に文句を言うと、言い返してきたのでしばいた」

 さらに別のメンバーは「クラブ内でのけんかは負けた者が代金を支払うのがルール。それを店の外でやっただけだ」と強弁。クラブに出入りする酔客ばかりを狙う理由については「血気盛んな若者が多く、因縁を付けたら、向こうからかかってくるのでやりやすい」とうそぶいた。

別のグループも

 暴力団に属さず、違法行為を繰り返すことから「半分グレている」や「半分グレー」が命名の由来とされる半グレ。組織性は暴力団ほどではないが、遊び仲間や同級生らの人間関係でつながり、犯罪ごとに通信アプリの「LINE(ライン)」などで集結する。実態把握が難しいとされてきたが、大阪では近年、動きが表面化している。

 府警は28年7月、路上で男性2人を殴り、頭蓋骨骨折などの重傷を負わせたとして、傷害容疑で、格闘技団体出身者らで組織する半グレの男2人を逮捕。

 同年11月には、バー経営の20代男性を暴行し「うちに金納めんかい」とみかじめ料を要求したとして、恐喝未遂容疑で、暴力団幹部や取り立て役の半グレの男ら計4人を逮捕している。

 さらに今年7月、みかじめ料を取り立てようと、大阪市淀川区のキャバクラ店に押しかけて業務を妨害したとして、威力業務妨害などの容疑で、別の半グレ「米(よね)谷グループ」の男ら3人を逮捕している。

「必ず特定、摘発する」

 「暴力団は暴対法や暴排除条例で縛られ、厳しいしきたりや上下関係もある。こうした現状を嫌って若者が流れる半グレは勢力を伸ばしている」。ある捜査関係者は厳しい表情でこう語る。

 全国各地で凶悪な犯行を繰り返す半グレを取り締まるため、警察庁は25年以降、一部の集団を「準暴力団」と認定し、組織の実態や暴力団との関係解明を指示している。

 こうした状況を受けて府警は昨年、延べ約70人の捜査員を動員してミナミの飲食店などを訪問し、暴力団や半グレ集団からみかじめ料の要求がないか、初の実態調査を実施。積極的な摘発に乗り出している。

 捜査幹部は「訪日外国人でにぎわうミナミで、半グレによる犯罪がはびこればインバウンド景気に水を差す。半グレが犯罪を実行すれば必ず特定し、摘発する」と力を込める。(8月16日掲載)