※今年1月よりジャーナリストで保守活動家のせと弘幸氏がチームを率いて関西に拠点を移し、近畿二府四県にはびこる生コン業界の極左暴力集団=「関西生コン支部」の闇資金の追及、武容疑者をスポンサーとする反日極左勢力の広告塔、辻本清美議員の糾弾を続けてきました。

 せと弘幸氏は、今までマスコミがタブーとしてきた関西生コン支部の実態、労働組合の名のもとに行われている恐喝、脅迫行為を専用チャンネル(はとらずチャンネル)で白日の下に晒し、チーム一丸となっての糾弾活動八か月目にして「武建一逮捕」に漕ぎ着けました。

 その行動力と手腕に誰もが驚き、かつ認めるところですが、ここで気を緩めることなく、早くも次の標的として辻本清美議員に狙いを定め、果敢に攻めると改めて宣言しているようです。

 永田町にも激震が走り騒然としている中、これまで一切報じてこなかった朝日新聞がこの関ナマ支部の事件を報じた背景に何があるのか、筆者としても気になるところです。

辻元清美 武建一
辻本清美議員と武建一容疑者(76=青ネクタイ)、「大阪兵庫生コン経営者会」の面々

 ◇生コン業界の“ドン”が逮捕され、永田町に激震走る

 滋賀県内の倉庫建設工事をめぐる恐喝未遂事件で、湖東生コン協同組合の加盟業者と契約するよう商社の支店長を脅したとして、滋賀県警は8月28日、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(以下・連帯)の執行委員長、武建一容疑者(76)を恐喝未遂容疑で逮捕した。

関西生コン支部&生コン業者の恐喝未遂事件 逮捕者一覧

 武容疑者は、生コン業界の“ドン”と呼ばれ、政界にも大きな影響力を持っていたという。

「武委員長が逮捕とニュースでみて、凍り付くほど驚いた」とある野党の衆院議員の秘書は話す。

 連帯の関係者がこう打ち明ける。

「立憲民主の辻元清美議員らはじめ、武委員長のお眼鏡にかなった野党議員はバックアップしてきました」

 官報をみると、平成11年の辻元氏の政治資金管理団体「ポリティカ=きよみと市民」の収支報告書には、連帯がパーティ券50万円分を購入したと記載されていた。さらに平成12年にも「ポリティカ=きよみと市民」の報告書に、連帯幹部2人から計100万円の寄付をもらったことが記載されていた。

「辻元氏と武委員長の関係がメディアでクローズアップされましたが、連帯が支援していた野党議員は多数います。豊富な資金をバックに、選挙でも積極的に応援していた」(連帯の関係者)

 武容疑者がそこまで、資金を手にできるようになったのは、徹底的な闘争だった。
 組合活動と称して、団交に応じない会社があれば車で社長の自宅周辺を街宣。自身の組合に加入していない会社からコンクリートを調達しようとすると、工事現場近くでミキサー車を止めてしまう実力行使に出ることもあったという。

 連帯とかつてトラブルになった経営者はこう話す。

「正月の朝にいきなり轟音がしてなにかと思ったら、私の悪口をでかいスピーカーでがなり立てる。

 とんでもない近所迷惑で、頭を下げて謝りにまわりました。元旦なのに、社員もうちの家に駆けつけて大騒動でした。その後の会社の周囲で50~100人でビラまきされて、これ以上迷惑かけられないと、和解金の支払いに応じました。決して安くはない金額。労働者の味方である労組、組合がやることじゃない」

 武容疑者は2005年にも大阪府警に強要未遂、威力業務妨害などで逮捕され、起訴されている。当時の捜査関係者はこういう。

「武氏はトラブルをかかえる会社に乗り込んで、正月街宣や早朝から会社の前でビラ配りなど徹底した、いやがらせをしますのんや。それで音を上げた経営者から解決金名目でカネをとる。裁判でもそこらへんは出ましたが、ほんの一部でしたな。うちで組合のガサにいった時、すごい現金がでてきて、びっくりでした。億はあったはず。当時で100億円くらいは解決金で集めていたんやないかと噂になりました」

 そんな資金が永田町にも流れた疑いがあるというのだ。

「武委員長は年に1度くらい、永田町にやってきます。20人くらいの組合幹部を引き連れ、支援している議員を議員会館で行脚。高級ホテルに全員、宿泊して、夜は議員や秘書をまじえて、豪勢な飲み会。支援を受けている議員は、武委員長がやってくる日はどんな用事があっても、キャンセルしてやってきます。それくらい、手厚い支援が得られるからです」(前出・野党議員秘書)

 辻元清美事務所に武容疑者とのつきあい、連帯から献金を受けたことについて、取材を申し込むと、こう回答があった。

「(武氏の逮捕について)見解はありません。ご指定の人物、団体から献金を受け取った事実はありません。(武氏との)会食が何を指すか、わからないのでお答えできません」(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事
AERA 8/31(金)

        *

◆関連記事
【関西生コン支部】「生コンの帝王」武建一容疑者(76)、恐喝未遂容疑で逮捕! 辻本清美の影のパトロン →2017年3月~7月、工事現場で繰り返しクレームつけ、「断われば大変なことになる」と複数回脅迫し、契約を強要

辻元清美のパトロン、武健一の危険な共産革命思想① 連帯ユニオンと暴力団と辻元清美 →「解決金目当ての争議」「反社会的団体」報道を容認‐東京地裁

【連帯ユニオン】辻元清美を支援する極左労組、関西生コン支部の本部事務所に「強制捜査」① <更新あり> →脅迫、傷害容疑の実況見分(3月15日)

辻元清美氏のパトロン、武健一率いる連帯生コン支部による“会社潰し”の実態
 →共産党から民進党系支持に変更の理由とは

辻元清美氏のパトロン、“生コンのドン”武健一氏と共産主義思想「勝又学校」の出会い →労働運動家、武健一の原風景

辻元清美氏のパトロン、連帯生コン支部・武健一、“行動保守界の重鎮”せと弘幸氏に対し裏社会の圧力? →「数十億円の闇資金の流れを徹底追及する」せと弘幸氏

辻元清美氏のパトロンともいわれている生コン界のドン、武健一とは何者なのか せと弘幸氏との直接対決は? →せと弘幸氏、関西に乗り込み「人生を賭けた闘いと決意」」

辻本清美 収支報告書