※中国やロシアが本気で制裁をする気がなく、むしろロシアは制裁の弱体化に積極的に関与しているとアメリカは見ており、ポンペオ国務長官もロシアの「北朝鮮との対話路線を強調」する姿勢に強く反発。

 北朝鮮に対し中国ほどの政治的、経済的影響力を持たないロシアが奇策を用いながら北朝鮮を支援するのは、北朝鮮を擁護しながら外交ルートを保ち、北朝鮮を緩衝地帯として機能させておくことでアメリカに対する間接的な意思表示、牽制に利用できると判断してのことでしょう。

        *

ロシアが北朝鮮制裁報告書を改変

 国連(UN)の北朝鮮制裁委員会がまとめた報告書から、ロシアの対北石油輸出を制裁決議違反だと指摘した数段落がロシア側の要請で削除されたとして、米国が13日、強い憤りを声明で発表した。 

 外交筋によるとロシアは8月末、対北制裁の履行状況に関する報告書の公表を阻止している。北朝鮮政府が2018年の輸入上限を超えて石油精製品を輸入しており、昨年の制裁決議に違反しているとする調査結果に異議を唱えたためだという。
 このときロシアは、対北石油輸出をめぐってロシアの海運会社2社と船舶6隻に制裁を科すよう求めた米国の提案も阻止したという。

「内容が気に入らないというだけの理由で、北朝鮮制裁に関する独立した国連報告書をロシアが編集したり、妨害したりすることは認められない」と、ニッキー・ヘイリー(Nikki Haley)米国連大使は声明で抗議。「ロシアの圧力に屈し」て報告書を改変したと北朝鮮制裁委を非難した。

 ヘイリー氏はまた「これは危険な先例で、北朝鮮制裁委の重要な取り組みの汚点となる」と指摘し、改変がなされる前の8月上旬付の報告書の公開を求めた。 
 当初の報告書にはロシアの海運会社と船舶の名称が記載され、対北制裁破りで国際社会の対応を促す内容となっていた。 

 ロシアは当初の報告書の公表を8月上旬から阻止してきた理由について、内容が主に米国の情報に基づいており制裁の妥当性に関するロシア側の分析が考慮されていないからだと説明している。

ロシアが北朝鮮制裁報告書を改変、アメリカ激怒

 米国は7月、北朝鮮が洋上で船から船へと積み荷を移す「瀬取り」と呼ばれる手法で制裁を回避しているとする衛星写真と専門家の報告書を引用し、北へのあらゆる石油精製品の引き渡しの即時停止を命じるよう制裁委に要求したが、停止命令は出ていない。【9月14日 AFP】

発信地:国連本部/米国 [ 米国 北米 ロシア ロシア・CIS 北朝鮮 韓国・北朝鮮 ]
AFPBB News 2018年9月14日

        *

◆関連記事
【北朝鮮】非核化の進展を優先する米国の提案全て拒否、「制裁解除と朝鮮戦争の終戦宣言」要求 →非核化達成に向けた交渉は「北ペース」で進み、長期化する可能性も

【北朝鮮】「制裁・圧力に血眼」と逆ギレ、アメリカを非難――米「米朝共同声明履行は期待できない」 →「非核化を含む米朝共同声明履行でいかなる進展も期待できない」米高官

【北朝鮮】金正恩氏「制裁苦痛、早期解除を」習氏に協力要請
 →非核化の進展に応じて米国が段階的な補償を行うべきだとする自身の主張に中国が同調するよう要請

習近平 金正恩