※画像はすべてこちらからお借りしています。

CoeLux®(コールクス)
最新のナノ技術と人口照明システムの融合で自然界の天空を再現
 三菱電機は9月27日、青空のような自然光を室内照明で表現する「青空を模擬するライティング技術」を開発したと発表した。
 薄型青空パネルとフレームを組み合わせた独自の照明構造を採用。
 窓のない部屋や地下など、閉鎖的な室内空間への適用を検討する。

 フレーム部にLED光源を内蔵し、パネル内部に導光させるエッジライト方式を採用。
 LED光がパネル内部の光散乱体に当たることで、昼間に空が青く見える光の散乱現象「レイリー散乱」を発生させ、“空の青”を再現する仕組みだ。
 色の異なるLED光源の発光量を自動設定で時間的に変化させることもでき、朝焼けや夕焼けなどを再現することもできるという。

青空のような自然光 天窓
イメージ画像

 照明の厚さは100ミリ以下と通常の照明器具と同程度に抑え、オフィスや公共施設などで幅広く適用できるようにした。

 同技術は、10月16日に開幕する「CEATEC JAPAN 2018」(19日まで、千葉・幕張メッセ)に出展する。