a
海上自衛隊観艦式で航行する艦艇と旭日旗=神奈川県沖(三尾郁恵撮影)

 ◇「自衛隊法などの国内法令で義務付けられている」

河野克俊 自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長(右)は4日の記者会見で、韓国側が求めている国際観艦式での自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛について拒否する考えを示した。

「海上自衛官にとって自衛艦旗は誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない」と強調した。
「自衛艦旗については法律上、規則上、掲揚することになっている」とも述べた。
産経ニュース 2018.10.4

【自衛隊法】  
第4条1項:(自衛隊の旗)
内閣総理大臣は、政令で定めるところにより、自衛隊旗又は自衛艦旗を自衛隊の部隊又は自衛艦に交付する。

第102条1項:(自衛艦旗等)
自衛艦その他の自衛隊の使用する船舶は、長官の定めるところにより、国旗及び第四条第一項の規定により交付された自衛艦旗その他の旗を掲げなければならない。

※国連海洋法条約上の軍隊に所属する船舶の国籍を示す外部標識に該当。

旭日旗