築地最終市
最終市を迎えた築地市場の生鮮マグロ卸売場で、競りの前に手締めを行う市場関係者ら=6日午前

 ◇さよなら築地、最終市

 6日で営業を終える東京の築地市場では、最後の競りが行われています。日本が世界に誇る市場が83年の歴史に幕を下ろします。

 築地市場ではこの時間、マグロなどの魚介類、そして野菜や果物の最後の競りが行われています。
 築地市場は関東大震災で焼失した魚河岸が1935年に日本橋から移転して誕生しました。
 施設の老朽化などで豊洲に移転することになり、6日で83年の歴史に幕を下ろします。
 市場内の仲卸業者などは午前11時ごろから店じまいを始め、7日から本格的な引っ越しをします。11日には豊洲市場がオープンします。
ANN 10/6(土)

築地場外市場
マグロのセリ場を興味深そうに眺める外国人観光客

        *

◆関連記事
「狭くてマグロが切れない!」築地市場の豊洲移転で仲卸業者たちが悲鳴
 →店舗と店舗の間の壁、荷重に耐えられない床など、仲卸業者たちの不満は根強い

東京カジノ構想再燃の動き】築地市場跡に米社がカジノ建設検討、お台場に次ぐ都内候補地 →米MGMリゾーツ・インターナショナルが、築地の中央卸売市場跡地をカジノ建設候補地の1つとして検討か