VIP捕虜? 安田純平

 外務省は10月末、内戦下のシリアで武装組織に3年以上拘束されていたジャーナリストの安田純平さん(44)から、入国の経緯や拘束中の状況について事情を聴いた。複数の政府関係者が1日、明らかにした。
 安田さんは解放の経緯について「身代金の支払いは望んでいなかった。解放された理由は分からない」などと語ったという。

 外務省は10月下旬に安田さんがトルコ経由で帰国する際に簡単に聞き取りし、入院して健康状態が落ち着いた10月末に改めて事情を聴いた。拘束中の状況や武装組織の実態を確認したが、安田さんは武装組織の正体をつかみかねている様子だったという。
 拘束中に公開された自身の映像に関しては「カメラの前で指示通りに話をさせられた」と説明したという。

 日本政府は安田さんの解放について、シリアの反体制武装勢力に影響力を持つカタール、トルコ両政府の協力があったと説明する一方、身代金支払いは否定している。
【秋山信一】
毎日新聞 11/2(金)

        *

◆関連記事
【炎上】安田純平に言い逃れできない6つの疑惑浮上 / 日本国民「安田純平に自己責任より説明責任を求める」 →いくつもの新たな疑惑が浮上

安田純平さん “拘束映像”なぜ今公開? 年頭から複数の“交渉ルート”
 →取材:日テレ・カイロ支局の天野英明記者

「私は安田純平」誕生日=3月16日の映像公開される シリアで拘束か
 →映像の提供:武装組織「ヌスラ戦線」と関係する人物

フリージャーナリスト安田純平さん、シリアで「拘束」 国境なき記者団が見解
 →国籍をボカす癖は昔から? 「こいつほんとは中国人」と言われていたことも