スタン・リー
スパイダーマンのポーズを取る生前のスタン・リー氏

【AFP=時事】(更新)「スパイダーマン(Spider-Man)」や「ハルク(Hulk)」といったスーパーヒーローの生みの親となったアメコミの巨匠スタン・リー(Stan Lee)氏が12日、ロサンゼルスで死去した。95歳だった。

 マーベル・コミック(Marvel Comics)の作家として大衆文化に革命を起こしたリー氏は近年、複数の病気を患っていた。

 ニューヨーク生まれのリー氏がアメコミ業界に足を踏み入れたのは偶然のめぐりあわせによるもので、きっかけは十代の頃におじの紹介で、コミック作家が使うインクを充填したり、コーヒーを用意したりする仕事を始めたことだった。

 コミック作品で本名のスタンリー・リーバー(Stanley Lieber)を使用しなかった理由については生前、「いつか『米国を代表する偉大な小説』を書くつもりだったから、こんなくだらないコミックに実名を使いたくなかった」と説明していた。

スタン・リー

 アメコミ作家となったリー氏は、他の作家やイラストレーターらと共に、生き生きとした想像力を紙上で発揮し、「スパイダーマン」や「ブラックパンサー(Black Panther)」、「X-メン(X-MEN)」、「ファンタスティック・フォー(Fantastic Four)」などを世に送り出し、最終的には発行人として数十年にわたりマーベルを率いた。

「アイアンマン(Iron Man)」や「ソー(Thor)」、「ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)」といったキャラクターは近年、映画シリーズとなって数億ドル規模の興行成績を達成している。【翻訳編集】 AFPBB News
時事ドットコム 11/13(火)


 ◇スタン・リーが自身の作品にカメオ出演し続けた理由

「なぜ私がカメオをするかって? そりゃ最高に楽しいからさ!」と笑顔。同時に「スターたちの見せ場を奪いたいわけじゃないけど、彼らのような気分を味わえるのはとても楽しいことだね。『マイティ・ソー』のカメオもすごく楽しめたよ! もちろん、これから公開される『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『ブラックパンサー』のカメオも最高だった」

 スターたちが演じるマーベルヒーローに近づくために、ファンはどうあるべきなのか。
 スタンは「僕らは普通の人間だからね。もちろん、彼らのようなスーパーパワーを身につけることは不可能だ」と語りつつ、「でも、誰だって彼らに近づくことは可能だよ。それは、他者を傷つけず、困っている人を助けることだ。『今日も悪事に手をそめず、人を助けることができた』と思って、その日の寝床につく。それこそが、ヒーローに最も近づける行いなんじゃないのかな」と断言する。
シネマトゥデイ 2018年1月2日