健通新聞

 川崎市川崎区で、訪日外国人らに保険診療外(自由診療)で最先端医療を提供する「医療ツーリズム」の専門病院を開設する計画が浮上していることを受け、県と市は1月31日、横浜市内で、地域医療に与える影響や課題を整理するための合同会議を初めて開いた。

 出席者からは「専門病院に医療人材が流出する」などと懸念する意見が上がり、県と市は今年8月までに中間報告をまとめることで一致した。

医療ツーリズム

 専門病院の開設を計画しているのは、医療法人社団「葵会」(東京都)。整形外科や脳神経外科など8診療科やリハビリ室などを設け、2020年7月の開設を目指している。医師や看護師ら100人が勤務する予定という。実現すると、国内初の専門病院となる見込みだ。

 会議は、県の「医療ツーリズムと地域医療との調和に関する検討会」(15人)、川崎市の「医療ツーリズムと地域医療との調和に関するワーキンググループ」(7人)が合同で実施した。

 医師や看護師ら医療人材が流出するとの意見のほか、「外国人患者の容体が急変した場合、周辺の救急医療機関に影響が出るのではないか」などの懸念する声も上がった。県と市は今後も合同会議を重ねるなどして、19年度中に最終報告書をまとめる方針だ。

 医療人材や設備を有効活用する県の医療計画では、病床が過剰にならないよう地域ごとに基準病床数を定めており、川崎区を含む「川崎南部2次保健医療圏」は基準病床数を約600床上回っている。

 医師や看護師らが限られる中、病床数だけが増えると患者に十分な医療サービスが提供できなくなるなどして、県や市は「現時点では賛成できない」と反発。県議会は昨年、国にルール作りを求める意見書を可決している。
読売新聞 2019/02/01

新谷幸義

◇川崎社会保険病院を60億円で買収―「葵会」AOI国際病院・新谷幸義氏

 川崎社会保険病院を60億円で買収 ――昨年12月の総選挙で、次男の正義さんが自民党所属の国会議員になりました。 新谷 比例代表の北関東ブロックで、名簿順位33 位だったのですが、上がほとんど小選挙区で当選。まあ、運がよかった。 ――医師です 
財界さっぽろ


◆神奈川県・川崎市の医療ツーリズムの動向

 2019年2月5日九州医事研究会医療ツーリズム
 川崎市:平成30年度 健康福祉委員会

■請願・陳情の審査(健康福祉局)
(1) 請願第53号
医療ツーリズムの健全な発展と地域医療の確保を求める意見書を国に提出すること等に関する請願
pdf 1月24日(木)



議題(予定)
(1)検討会・ワーキンググループに係る役割分担及び当面の検討事項について
(2)検討会・ワーキンググループの今後の開催計画(平成30年度・31年度)について
(3)神奈川県における医療ツーリズムの実態の把握について
(4)医療ツーリズムの医療機関での受け入れに係る課題の整理について
(5)今後のルール作り等に向けた留意事項について

■神奈川県保健医療計画推進会議 医療ツーリズム検討会(仮称)

意見を求める事項
(1)医療ツーリズムが地域医療に与える影響及び課題の整理に関すること。
(2)前号の課題への対応及び地域医療との調和に向けた仕組み等に関すること。
(3)医療ツーリズムに係る既存病床数及び基準病床数の取扱いに関する仕組み等に関すること
(4)その他県内における医療ツーリズムに関すること。

「医療ツーリズム」病院 夏までに中間報告 県と川崎市 :
読売新聞ONLINE

※合同開催
神奈川県「医療ツーリズムと地域医療との調和に関する検討会」(15人)
川崎市「医療ツーリズムと地域医療との調和に関するワーキンググループ」(7人)

医療ツーリズム

※AOI国際病院=医療法人社団「葵会」
神奈川県川崎市川崎区にある医療機関。
理事長:新谷幸義
新谷幸義氏の次男は、厚生労働政務官の新谷正義氏(自民党)で医師。
全国52カ所にある全国社会保険協会連合会運営の病院の一、川崎社会保険病院を60億円で買収し、2013年4月1日より、医療法人社団・葵会が経営権を継承し、病院名を川崎南部病院と変更。さらに2016年にAOI国際病院名前を変えて運営している。

AOI国際病院