※下の二つの記事は同じものを説明しているように感じるのですが、どうでしょうか。

ウルムチ市内の紅山で発見された足跡

(Matt Mets/Flickr)
 新疆ウイグル自治区ウルムチ市在住の元教師で、有名な化石専門家・海涛さんは、30年にわたり収集した数百点の化石を中国科学院新疆生態と地理研究所の標本館に展示されることとなった。2億年前の「靴の跡」の化石だという。猿人類さえいなかったはずの時代に、どうして「靴」があるのだろうか? 研究者らは首を傾げた。

 中国国内メディアが報じた教師の話によると、「靴の跡」の化石は1997年、ウルムチ市内の紅山で発見したという。岩石の上に26センチほどの靴跡がはっきりと残っていて、重ねて縫い合わせた革の靴であることがわかる。

 靴跡のある岩石の他の部分は、13センチの古いタラの化石があった。タラは三畳紀に生息していたので、この化石はおよそ二億年前のものと推定できる。

 このような化石の発見は、実は初めてではない。
 1968年、アマチュアの化石専門家ウィリアム・J・ミスト氏は、米ユタ州アンテローブスプリングで、6億年から2億年前の古生代に生きていた三葉虫を踏みつけたサンダル跡の化石を発見した。1927年、アメリカのある地質学者は、米ネバダ州のフィッシャー峡谷で、一対の靴跡がついている化石を発見した。この化石の年代は、2億2500万年前の三畳紀に遡る。

 科学者たちが最近、電子撮影機器でこの化石を調べると、靴のかかとの革は二重線で糸のようなもので縫われていることが分かった。この二重線の幅は1.1センチで、こうした靴を作る技術は、1927年までなかったといわれている。数億年前の人類は、革を縫えるほど丈夫な糸を作れたのだろうか?

 カリフォルニア州オクラン博物館館長サミュエル・ハバード氏は、靴の跡の化石について「類人猿の文化さえまだ開化していない何億万年も前に、地球上にはすでに高度な智慧を持つ人間が存在していた……」と驚きを隠せなかったという。

 靴の跡の化石の発見は、広く信じられてきたダーウィニズム(進化論)を揺るがし、人類にとって未解明、未確認の文明が存在していたことを物語っている。

(文・宇文龍)
大紀元 2019年02月19日


消えたオーパーツ

 1917年に発見されたこの不思議な物体は、驚くべきことに2億年前のものでした。顕微鏡による写真分析によると、手で縫合された革製品及び人類の足が着用したときと、少し似通っていることをはっきりと示していました。 その写真は、縫い目を非常に明確に示しています。ある箇所では、ダブルステッチで糸のひねりがはっきり見えています。
 過去にも無数の謎の発見がなされており、現生人類が、学者の予測よりもはるかに早く地球上に存在した可能性が指摘されています。

 多くの著者が「オーパーツ」または「場違いな工芸品」と呼んでいるように、これらの謎めいた発見は、現生人類と地球上の生態について知られている歴史に挑戦しながら、主流の学者の境界を押し広げています。

 この幾何学的かつ少々議論の余地のある発見は、100年以上前、ネバダ鉱業会社の従業員(Albert E. Knapp)によって行われました。正確には、1917年1月のことです。

creationism.orgの記事では、1917年1月15日に発見されたKnapp氏の手紙を発見しました。

「丘を下っていくうちに、ゆるい石の中で一番上に横たわる化石が私の注意を引きました。私はそれを拾い上げ、ポケットに入れて調べました。検査では、それはかかとのバランスから生まれた靴のかかとの跡であるという結論に達しました。その化石は、当時の塑性状態にありました。私は三畳紀の化石の中でそれを見つけました。その地帯は、丘のその部分を通過しています」


 しかし、1922年にジョン・リードにより、ネバダ州パーシング郡のフィッシャー・キャニオン近くのトライアスク岩に発見された「2億年前の化石化した靴の跡」が、誤って推定されたウェブサイトがいくつかあります。

 この不思議な物体は、それを分析することを楽しみにしていた幾人かの研究者の注目を集めました。
 1922年3月19日ニューヨークタイムズの記事によると、この発見についての2つの報告書が見つかり、謎の物体はメディアの目を引きました。
「10歳〜12歳の少年にうまく収まるサイズだろう。きれいに切断したように、エッジは滑らかです。それの驚くべき部分は、二重線に見える縫い目のようなものであり、一方はソールの外側縁の近く、他方は第1の内側の約3分の1の部分にあります。
「レザー」はインナーウエッティングの内側では厚く、わずかに斜めに見えるので、外側には幅1.2cmの幅で、ソールは厚さ20cmくらいあります。完全に対照的であり、その完璧なラインは、ウェルティングによって追求されています。

 そして1922年10月8日、ニューヨーク州サンディエゴアメリカン・ウィークリー・セクションの「WH Ballou」の記事「裸足の靴の謎」でさらに有名になりました。

「彼はネバダの化石を探検していましたが、鉱山技術者であり地質学者のジョン・T・リードは突然停車し、足元の岩の中で驚いてみました。 そこには、岩自体の一部が、まるで人間の足跡であるように見えたのです。近くの検査では、それが裸足の跡ではなく、明らかに石になった靴底であることが示されました。

 前部は欠けていましたが、少なくともその3分の2の輪郭があり、この輪郭の周りには縫い目があり、ソールに装飾が付けられていました。

 さらに別の縫い線があり、中央には、オブジェクトが実際に靴底であった場合に足が休まれる場所があり、インデントもあり、踵がこすられた骨によって作られ、靴底が作られた材料を着用するようなものでした。
 こうして、今日の科学の中でもかなり謎である化石が発見されました。発見された岩は、少なくとも500万年前のものでした。」

 しかし、paleo.ccが指摘したように、ニューヨーク・サンデーズ・アメリカンに掲載された記事は、Knappの代わりにReidを誤ってクレジットしていますが、工芸品の年代について誤解を招くような詳細を提供しています。

 いくつかの著者は、岩が踵のバランスから吸い上げられた靴のかかとからの層を示しており、その岩は、当時塑性状態であったと指摘しています。

 さらに、その靴の跡は、かかとの縁が滑らかで丸いように、そしてその右側が左よりも摩耗しているように見えるという驚くべき保存状態にあったことにも留意すべきです。

 しかし、主流の歴史に反対する多くの著者やウェブサイトによると、主にこの発見で本当に驚くべきことは、靴跡がつけられた岩の年代は三畳紀で、少なくとも2億2千万年前のものと考えられることです。その謎めいた靴跡が発見された渓谷の丘を通る地帯は、そのくらい古いものなのです。

 著者Glen J. Kubanは、靴跡の解釈にはいくつかの問題があると指摘しています。

 Kubanは、工芸品からの唯一の写真から、腐食により壊れた岩石の凝結物であると推測できると主張しています。興味深いことに、そのようなコンクリートは、偽造された2億年前の靴のプリントで発見されたような卵形と同心円バンディングを表示する傾向があります。

 essayfarm.comが指摘しているように、コンクリートは鉱物質の硬くて緻密な堆積物であり、堆積岩の中に見られます。多くの場合、骨格、化石、隕石、その他の奇妙な物体との間違いがあります。
 それらは非常に小さいので、目に見えるようにになるのに、直径10フィートにもなり、数百ポンドの重さが必要です。コンクリートは、ボックス、ブロック、フラットディスク、パイプ、大砲のボールのような幾分規則的な形状を有することもでき、足や肋骨などの人体の一部に似ていることさえ知られています。

 本の中で述べたように、「マッキャン、アルフレッド・ワッターソン、1879-1931、ロックフェラー研究所」は、約1/3、問題のオブジェクトは、ステッチの2列の存在を含有することが示されたプリントの顕微鏡撮影を行いました。すると、靴跡に縫われた何百もの穴が現れた。残念なことに、このような主張を裏付けるために顕微鏡画像は公開されていません。

「新鮮な皮を切ったかのように、エッジが円滑に丸くなります。それが付いている石はレンガの大きさ程度です。かかととソールの一部が現れ、つま先が欠落しています。」(McCann 353-354)

 Creationsim.orgは、上記の顕微鏡写真は、手で縫い合わされた革製品と人間の足で一度に着用されたときには、ちょっと似ていることを非常にはっきりと示していたと述べています。
 写真は縫い目を非常に明白に示した。ある場所ではダブルステッチで糸のひねりがはっきり見えました。スレッドは、今日の靴製造業者が使用するものよりも小さいですが、この化石靴底の空間全体に水銀の硫化物の微細な結晶が認められるべきであり、これらの鉱物はずっと前に溶液中で運ばれた水によって析出されています。

 残念ながら、工芸品の現在の位置は不明であるため、さらなる研究を行うことはできません。
sumer 2017年

靴の跡の化石