北朝鮮 人工衛星打ち上げ

 ◇北朝鮮が今月、人工衛星を打ち上げる可能性があると韓国メディア報じる

 韓国の中央日報は2日、「北朝鮮が東倉里(トンチャンリ)にある長距離ミサイル発射場の整備を終え、金正恩委員長が決心すればいつでも発射できる状態だ」と報じました。
 また、アメリカ軍は北朝鮮のミサイル追跡用の偵察機「コブラボール」を沖縄に配備し、韓国政府高官は「北朝鮮が衛星打ち上げと主張しても、追加制裁など深刻な状況変化があり得る」と懸念を示したとしています。

 北朝鮮はアメリカとの非核化交渉が停滞するなか、国会にあたる最高人民会議が開かれる11日ごろまでに金委員長が新たな外交方針を示す見通しです。
CABLE NEWS NETWORK 2019 2019/04/02

2

◆関連記事
【米朝首脳会談】金正恩氏に全ての核引き渡し要求 トランプ氏、会談で文書 正恩氏、絶体絶命か →会談は決裂、トランプ大統領は核兵器の米国への引き渡しと関連施設の完全廃棄などを求める文書を金正恩氏に渡す

金正男氏の息子・ハンソル氏はCIA介入、FBI保護下に 米滞在 
 →「正恩体制の転換」の準備か

非核化交渉の中止検討 核・ミサイル巡り「近く決定」=北朝鮮次官
 →「われわれはどのような形であれ米国と妥協するつもりも、こうしたやり方の交渉をする考えもない」

第2回米朝首脳会談、合意決裂 ポンペオ氏「正恩氏、準備できていなかった」
 →米国の望む結果が得られず決裂