青にゃん劇場新館:【青山繁晴】AAAnew_a001

●愛称:青にゃん
参議院議員、ジャーナリスト
現代アート作家←new!

青にゃん

青山千春「脱私即的」:青にゃんの造語
「武士道とは死ぬことと見つけたり」:肥前国佐賀鍋島藩士・山本常朝が武士としての心得を口述し、それを同藩士田代陣基が筆録しまとめた『葉隠』より
右は青にゃん夫人の青山千春博士。
日本で初めて女性として大型船の船長の資格を取得。

※エピソード多数につき、続きは「青にゃん劇場」で!


●巨匠
水間政憲
近現代史家、ジャーナリスト、現代美術作家
座右の銘:「法と証拠に基づいた真実こそ強く美しい」
禅の精神:仏教学者の酒井得元老師に出会い、禅と政治哲学の神髄に触れ、「無私無欲」で真実を追求することに生きる意味と価値を見出す。

水間蓮 「ART・Q・BIC」
右の画像は、現代美術作家「水間蓮」時代に自らプロデュースして創った多目的アートホール&カフェ「ART・Q・BIC」

現代アート 水間政憲
水間蓮時代の作品(平面):ブログ「水間条項」より

ART.Q.BIC
「ART・Q・BIC」:ブログ「水間条項」より

◆関連記事
☆時を超えて 南画廊・志水楠男 (しみずくすお) 

※現在、水間氏は140本以上のスクープ(wikipedia参照のこと)原稿をすべてPDFで公開(無料)するべく鋭意準備中(すでに公開しているものも多数あり)。


●ミキティ
大高未貴
ジャーナリスト、ミス日本
必見! 虎ノ門ニュース「ミキペディア
2448e1d5
フェリス女学院卒業後、旅行代理店、大手広告会社系シンクタンクを経てジャーナリストに転身。
1993年度ミス日本、1994年度ミス日本国際親善を受賞。
PLOのアラファト議長やダライ・ラマ14世、カルマパ17世のインタビューに成功。1995年に『SAPIO』デビュー。

※慰安婦問題では国内外で取材を行い、『父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白』(産経新聞出版)他著書多数、現在はDHC TVのレギュラーコメンテーターをつとめている。おっとりした美貌と語り口でありながらシャープで辛口な視点をも併せ持ち、男女問わず幅広い層から支持されている。


●元日銀の貴公子
大塚耕平参議院議員 国民民主党の代表代理
日本の政治家、経済学者。
国民民主党所属の参議院議員(3期)、国民民主党代表代行・参議院会長。中央大学大学院客員教授、早稲田大学客員教授。

大塚耕平夫人
左は真理子夫人

2019年3月19日、水間政憲氏から皇位継承問題についてブリーフィングを受け、翌20日、参議院の財政金融委員会において、皇位の安定継承について安倍首相及び宮内庁委員に質疑。

※DHC TV虎の門ニュース「ミキペディア」で、上記質疑の様子が放送された。

出身:名古屋
趣味:仏教(著書あり)、スキューバダイビング
家族:中高時代の同級生だった真理子夫人と一男一女


(関連)
【日いづる国より】水間政憲、皇統を支える120名の男系男子[桜H29/4/28]



あーまひげらる
青にゃん劇場総支配人
本館:https://twitter.com/armourhigeraru 
新館:【青山繁晴】AAAnew_a001

別館:草、草、草の圧力により休館
推奨動画:永久保存版 

青にゃん