※どうやら丸山議員は売国議員や官僚に狙い撃ちされたようです。
故中川昭一議員は酒席で何かを盛られて口封じされたという説がありましたが、国益のために尽力する政治家を誤った情報で追い詰め潰してしまうような愚行を二度と繰り返すことがないよう、国民はしっかり監視しましょう。

ヒゲ仙
‏@katu178524503
5月20日
丸山穂高 国会での質疑(国民の声)1、パチンコ依存症問題 2、森友では無く マスコミによる国有地払い下げ問題 、外国人による日本列島の土地取得問題、韓国軍の自衛隊に対するレーダー照射問題、地方創生課題と問題 他沢山の問題提起、丸山はマスコミと与野党 パチンコ利権団体の天敵だった。丸山正義
丸山穂高
https://twitter.com/katu178524503/status/1130441936819458049

(参考記事)
爆弾情報《朝日新聞築地本社の国有地払い下げは森友問題なんて可愛らしい疑惑だらけの犯罪そのものだった》 

三浦瑠麗

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が6日、自身のツイッターを更新。自民党や立憲民主党など与野党8会派が北方領土を戦争で取り返す是非に言及する趣旨の発言などをした丸山穂高衆院議員(35)に対する「糾弾決議案」を衆院に提出したネット記事を貼りつけた上で今回の決議案への見解を示した。

 三浦氏は「私は丸山議員の言動を批判してきた。だが不品行があったからといって、法を犯していない人間をそこまで追い詰めてよいのか」と問題を提起し「維新には長きに亘る彼への怒りがあるだろうし、他の野党は振り上げた拳問題があるのだろうけど、少数派を抑圧しだすと何が起きるか歴史が示している」とツイートした。

 さらに連続ツイートし「議員の不品行は沢山ある。選良の名に値しないと思う議員も。だが集団で一人の人間の不品行をこうして非難決議することの意味合いは恐ろしいものだということをよくわかっておいていただきたい。素朴な憤慨と党利党略の双方で政党が行動した結果、大局観を見失う結果は先の大戦で経験したはずなのだが」とつづっていた。