trump

【Bloomberg L.P.】
 トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に示していたことが分かった。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。トランプ大統領は日米安保条約が米国にとって不公平だと考えている。

 関係者によれば、トランプ氏は同条約について、日本が攻撃されれば米国が援助することを約束しているが、米国が攻撃された場合に日本の自衛隊が支援することは義務付けられていないことから、あまりにも一方的だと感じている。約60年前に調印された同条約は、第二次世界大戦後の日米同盟の基盤となっている。

 大統領は条約破棄に向けて実際に措置を取ったわけではなく、政権当局者らもそのような動きは極めてありそうもないことだと話している。トランプ氏の個人的な会話の内容だとして関係者らはいずれも匿名を条件に語った。

日米安全保障条約

 万が一条約破棄となればアジア太平洋地域の安全保障に役立ってきた日米同盟を危うくする。日本が中国および北朝鮮からの脅威に対して防衛するため別の方法を見つける必要が生じ、新たな核軍備競争につながるリスクもある。
Jennifer Jacobs


(c)2019 Bloomberg L.P.
BloombergL.P. 6/25(火)

        *

◆関連記事
日米豪防衛相が共同声明 北朝鮮の核・ミサイルを「最も強い表現で非難」 対話ではなく圧力を強調 →在日米軍再編計画を着実に進めることも確認

「中国から攻撃あれば尖閣を守る」 米軍ハリス司令官が言及
 →米上院が尖閣諸島防衛を国防権限法で明文化