「ホワイト国」から韓国を除外

 ◇「ホワイト国」から韓国除外 閣議決定へ

 韓国への輸出管理の強化をめぐり、政府が手続きを優遇する、いわゆる「ホワイト国」からの除外を来月2日にも閣議決定する方向で最終調整していることがわかった。

 ホワイト国には現在、韓国のほか、アメリカやイギリスなど27か国が指定されていて、輸出手続きが優遇されている。

 しかし政府は、韓国の輸出管理が不十分だとして、韓国をホワイト国から除外するための政令改正案についての意見を募り、24日に締め切った。

 関係者によると、寄せられた意見は、公募としては異例の3万件を超え、90数パーセントが除外に賛成だったという。

 政府は意見を精査した上で、来月2日にも韓国をホワイト国から除外する政令改正を閣議決定する方針。政令が公布されれば21日後に発効する。
日テレ NEWS24 7/26(金)

世耕弘成

 ◇世耕弘成経産相「韓国を除外する方針撤回しない」

 日本と韓国の輸出規制問題をめぐり、世耕経済産業大臣は、輸出管理上の優遇措置が得られる「ホワイト国」から韓国を除外する方針を撤回しないとの考えを改めて示しました。

 「パブリックコメントの集約なども含めて、粛々と進めていきたいというふうに思っています」(世耕弘成経産相)

 世耕大臣は、韓国政府が「ホワイト国」から除外する方針を撤回するよう求めていることについて、このように述べ、撤回しない考えを改めて示しました。その上で、兵器への転用を防ぐための制度についての韓国側の説明は、「法的な根拠がない」と指摘しました。

 「根拠を欠いた状態で貿易を厳格に管理をしていると言われても、何を意味しているのか全く疑問と言わざるを得ないわけであります」(世耕弘成経産相)

 また、2016年以降、協議が開かれなかったことについて、韓国側が「日本の連絡を待っていた」と発言したことに対しては、世耕大臣は「延期した韓国側が連絡してくるべきだ」と不満を述べました。
TBS系(JNN) 2019年7月24日

        *

◆関連記事
韓国主力産業が軒並み不振 上半期業績=造船-19%・ICT-18%・石油化学-13% →昨年の韓国企業の収益が13年ぶりに減少

「国際法違反」是正を要求=河野外相、韓国大使に「無礼」-徴用工問題 →日韓基本条約第3条に基づく仲裁委員会の設置に韓国が応じず、河野外相がキレた「極めて無礼」

「打つ手なし」の文在寅がトランプに縋った「仲介」 日本はもはや韓国の「ゴネ得外交」に付き合うべきではない →徴用工の問題について、日本の仲裁委員会開催要求を頑なに拒否、日米韓連携を乱してきた韓国だっが日本の怒りを買い、半導体関連物資の輸出正常化で窮地に陥った韓国。自業自得。

【韓国】経済失政に抗議 韓国で労働者がデモ 文在寅支持率最低に
 →国民生活が悪化、支持率は就任以来最低を更新。

【朝貢外交】結局、抗日共闘の「歴史」にすがった文在寅氏 経済圏構想でも中国の「一帯一路」にすり寄る →中国との経済関係修復を最優先させる文氏、「中国人が経た苦しく痛ましい事件に深い同質感を持っている」と南京事件をダシにご機嫌取りするも相手にされず