宮崎文夫容疑者 逮捕

 茨城県の高速道路で車を運転していた男性が「あおり運転」をされた上、殴られた事件で、警察は傷害の疑いで指名手配していた43歳の男を逮捕した。

 宮崎文夫容疑者は今月10日、茨城県守谷市の常磐自動車道で、24歳の男性が運転する車を「あおり運転」をして停車させた上、「殺すぞ」などと怒鳴りながら男性の顔を数回殴ってけがをさせた疑いで指名手配されていた。

宮崎文夫 逮捕

 捜査関係者によると18日午前、大阪市内で宮崎容疑者を発見、警察は、傷害の疑いで宮崎容疑者を逮捕したという。警察は今後、宮崎容疑者の身柄を茨城県警に移し、本格的な取り調べをおこなう方針。
日本テレビ系(NNN) 8/18(日)

傷害事件 宮崎文夫

 ◇警察は同乗していた50代の女にも逮捕状「犯人隠避」容疑

 被害男性の車のドライブレコーダーが一部始終を捉えていた。宮崎容疑者の車に同乗していた女も一緒に降車し、携帯電話で状況を撮影するなどしており、県警は女についても捜査を進めている。
産経新聞 8/18(日) 

宮崎文夫 あおり運転
被害者の24歳男性「殺されると思った」
 
 ◇車は神奈川県内のディーラーが7月21日に3日間の約束で貸し出したBMW

 宮崎文夫容疑者は約束の期限内に返却しないまま連絡不通に。
 事件の翌日、宮崎容疑者が経営する不動産会社(オマス)の従業員が代理人として車を返却。
 茨城県警は被害届を受理し、傷害事件として捜査している。
日テレ24 2019年8月19日

        *

◆関連記事
“あおり運転殴打”宮崎文夫容疑者(43)過去にも逮捕歴 女性を監禁か →10年前に女性を監禁して逮捕され、昨年は「京都でタクシー運転手を監禁した疑い」(近隣住民談)

【指名手配】「あおり運転殴打」宮崎文夫容疑者はマンション事業を手掛ける43歳会社経営者 →代車を返却しないまま20日間で2000㎞超走行

常磐道であおり運転、傷害の疑いで40代男の逮捕状請求へ 男は代理人に車を返却させ逃亡 →7月23日には、静岡県と愛知県でも、この車によるとみられる、あおり運転の通報があった。