ジェフリー・エプスタイン
被害少女は80人以上といわれている

 ◇検視当局「自殺」断定せず~勾留中の怪死

 【ニューヨーク共同】少女らへの性的虐待などの罪で起訴され、10日に勾留施設の独房で首をつった状態で見つかった富豪ジェフリー・エプスタイン被告の遺体は、首の骨が複数箇所で折れた状態だったことが15日、分かった。検視当局は死因を断定していない。米紙ワシントン・ポスト電子版などが報じた。 

 被告は自殺したとみられるが、親しかった政財界の大物らに少女たちを紹介していたと伝えられ、「口封じで殺されたとの臆測」(同紙)がくすぶっている。 

 折れていたのは舌骨と呼ばれる部分など。舌骨は首つり自殺でも折れることがあるが、同紙は絞殺の場合に折れることが多いとしている 
共同通信社  2019/8/16

エプスタイン

 ◇性的暴行の被害女性二人がエプスタインの遺産相続人と“調達係”を提訴

 投資家ジェフリーエプスタインが性的虐待をしたと主張するさらに2人の女性が、彼の財産と彼の「採用担当者」に対して1億ドルの訴訟を起こしました。

 この訴訟は木曜日の夜にマンハッタンの米国地方裁判所に提起され、正体不明のリクルーターはマンハッタンのアッパーイーストサイドにあるエプスタインの邸宅に2人を誘い込み、そこで「性的に彼らの意志に反し、自慰行為を強制する」と主張した。

 ビル・クリントン大統領とドナルド・トランプ大統領の元友人であるエプスタインは、週末にマンハッタン刑務所で見かけの自殺で死亡しました。
CNBC 8月14日

ジェフリー・ウェブスタイン クリントン夫妻
クリントン夫妻とエプスタイン

 関連する罪で10年前に性犯罪者として登録していた66歳のマネーマネージャーは、最高45年の刑務所に収容されました。

「エプスタインは最近亡くなりましたが、彼が原告に引き起こしたトラウマと痛みは残っています」と新しい訴訟は言います。この2人の女性は出願時に特定されていません。ジェーンドゥー1およびジェーンドゥー2と呼ばれます。1人の女性は、事件の時点で18歳で、もう1人は20歳でした。

lb 彼らの弁護士であるリサ・ブルーム(右)はツイッターで、「私たちは現在、他の5人の被害者と話し、彼らの主張を精査している」と述べた。

「私たちは、エプスタインの財産が彼が虐待したすべての少女と女性によって正しく使われることを要求します」とブルームは付け加えました。

 リクルーターの身元は原告には知られていないが、訴訟によると、彼女はエプスタインの従業員であったと考えられている。彼女はファイリングで「スーロー」とラベル付けされています。
「Roes 2-10」と呼ばれる他の名前のない被告は、訴状に含まれています。

アンドルー王子 ヴァージニア エプスタイン ギレーヌ
左からアンドルー王子、ヴァージニア・ロバーツ、エプスタイン被告、ギレーヌ・マクスウェル(2003年)

 エプスタインの大邸宅でのマッサージに何百ドルも申し出た女性が近づいた2004年頃、2人の原告は両方とも野心的なモデルであり、マンハッタンのレストランで働いていたと主張している。

「女性はどちらも経済的に苦労していた」と訴えているため、「マッサージを行うことでお金を稼ぐ機会は、非常に必要な経済的支援を提供し、提供できると合理的に信じていた」。

 ある原告のマッサージ中に、エプスタインは「予告なしに、ジェーンドゥーの体の○と○をつかみ、最後まで――をした」「ますます過激になり――、○○を強制し、――した」。(一部略:筆者)

 リクルーターは原告に「お金のために他の女性を偵察する」という仕事を申し出たと言われているが、拒否された。

 2人の女性は、「自分の人生のいくつかの領域に影響を与える心理的トラウマに苦しんでいた」と「エプスタインの連邦犯罪性人身売買事件の報道により、“性的暴行”が毎日繰り返されることを強いられる」と主張している。

 エプスタインと彼の仲間が「マッサージ」という用語を後に彼が取る攻撃的な性的行為の婉曲表現として使用したことを含む訴訟の申し立ては、エプスタインが彼らを虐待したと主張する他の女性の主張に似ています。

ジェニファー・アラオズ

 被害者とされるジェニファー・アラオズは、エプスタインが 「アラオズに繰り返し性的暴行と暴力を加えた。アラオズは(当時)14〜15歳の高校生で、強制的――させた」と主張して訴訟を起こした。

ジェニファー・アラオズ
ジェニファー・アラオズ(14歳-当時)

 彼女はエプスタインの地所と、彼の若い女の子の調達者とされるギレーヌ・マクスウェル、およびエプスタインの他の3人の元同僚を訴えています。

 所在が不明だったマックスウェルは、ロサンゼルスのIn-N-Out Burgerで今週発見されたと伝えられています。

 連邦当局は、エプスタインが司法制度にかけられる前に刑務所で死んだと怒りました。司法長官ウィリアム・バーは、メトロポリタン矯正センターがエプスタインの死を許したかもしれないと「憮然とした」と語った。

 しかし、連邦捜査官は彼の事件を調査し続けているようだ。エプスタインは、著名な政治家、科学者、投資家、幹部、さらには王族ともつながりがありました。

 エプスタインの告発者の一部は、以前封印された裁判所文書の最近のダンプが示すように、エプスタインの影響下にある間、他の強力な人々とセックスするように指示されたと主張しています。

 
ヴァージニア・ロバーツ

 月曜日に、FBIのエージェントが米領バージン諸島のエプスタインのプライベートアイランドを捜索しているのが見られました。その襲撃のドローン映像は、エージェントがエプスタインのコンピューターを押収していることを示しています。

 
ヴァージン諸島にあるエプスタイン氏が所有する島


 ◇未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メディアが大騒ぎする理由

<拘置所内で死亡したエプスタインの交友関係には、トランプ、ビル・クリントン、英アンドルー王子も>

 著名な億万長者であると同時に、多くの未成年女性を人身売買や性的虐待の対象とした容疑で逮捕・起訴されたジェフリー・エプスタインと言えば、アメリカではここ数カ月にわたって新聞やテレビのニュースで大きな話題になっていました。

トランプ大統領、メラニア夫人、エプスタイン、ギレーヌ
トランプ大統領、メラニア夫人、エプスタイン、ギレーヌ・マクスウェル

 もちろん、容疑そのものが悪質だったこともありますが、同時にエプスタインの交友人脈の中にビル・クリントンやドナルド・トランプの名前があることから、大規模な政治スキャンダルに発展する可能性があり、関心が高まっていたのでした。

 先月7月6日に逮捕されてから、エプスタインをめぐって様々な動きがありました。7月の時点で問題になったのは弁護人からの保釈請求でした。弁護人サイドは、6000万ドル(約630億円)の保釈金を積んで、エプスタインの身柄を未決囚用の拘置所から自宅軟禁に移そうとしたのです。

 これに対しては、「拘置所から出したら『消される』」といった陰謀論がネットで渦巻く中、最終的に保釈は認められませんでした。ところが、そのエプスタインは、逮捕から約1カ月後の8月10日(土)の早朝に、拘置所内で死亡しているのが発見されました。66歳でした。警察は、首を吊っての自殺と発表しています。

 このニュースを受けて、メディアは騒然となっています。まず、エプスタインは、7月27日に自殺未遂を起こしていたそうで、その直後に24時間の自殺防止の監視を付けられています。ですが、なぜか2日後の29日にはその監視が解除されたというのです。

 また8月8日には、弁護人が「エプスタインは精神的に安定したので、監視の厳しい房から出して欲しい」という申し立てをして、それが認められたそうです。そこで独房を移動したその晩に自殺したというのです。拘置所の規程に定められた「30分間隔での監視」もされていませんでした。

エプスタイン
ギレーヌ・マクスウェル、エプスタイン、ヴァージニア・ロバーツ

 そんなわけで、現在でも「エプスタインは殺された」という各種の陰謀論が、ネットで飛び交っています。それどころか、合衆国大統領であるトランプ自身が「下手人はビルとヒラリー」だという陰謀説を、根拠なくツイートで拡散しているのです。事態を受けて、バー司法長官は「今後も原告のための真相究明を継続することには変わらない」と表明しています。

 自殺か他殺かという疑問はともかく、では、エプスタインについては、いったいどんな疑惑があるのでしょうか?
 2019年08月13日

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。