ドイツ 慰安婦像
ブロンズ像(約340万円)から強化プラスチック製の廉価版に

 【ベルリン=宮下日出男】ドイツの首都ベルリンで14日、観光名所ブランデンブルク門前に慰安婦像が展示された。在独韓国系団体が企画した。戦時下に性暴力を受けた女性を追悼する集会の一環としている。

 韓国メディアによると、参加者は慰安婦像と写真を撮影し、ソーシャルメディアに投稿するなどした。慰安婦像は今後、韓国系団体の事務所内に常設展示される予定という。

 ドイツでは2016年、南西部フライブルク市が韓国・水原市の提案で慰安婦像設置を計画したが、姉妹都市の松山市が反対し、最終的に設置を拒否。慰安婦像はその後、南部バイエルン州の民間財団が保有する公園に設置された。
産経新聞 2019.8.15

8a6c0e06
フライブルク市の公園から撤去された慰安婦像

◆関連記事
【祝!】独・フライブルク市への慰安婦像設置取り止め 韓国水原(スウォン)市が発表 日本側が「圧力」と批判 →野志克仁松山市長が「像が設置されれば交流に支障が出る」と懸念を伝え、フライブルク市が撤去

独・フライブルク市に慰安婦像計画 姉妹都市の野志克仁・松山市長、中止要請へ →「国家間の政治問題を都市の交流に持ち込むのはふさわしくない」(松山市観光・国際交流課)

独に慰安婦像、年内にも設置=欧州初 姉妹都市関係を利用し韓国・水原(スウォン)市が計画 →「平和の少女像」と名付け、世界人権宣言記念日に合わせて設置