※大阪維新の会が中国に市有地を売却し、中国人や中国資本をせっせと招き入れているせいか、道頓堀やミナミは中国人で大混雑しているという話も耳にします。
 国防動員法に基づく召集の予行演習かどうかわかりませんが、下のツイートによると、五星紅旗を持った中国人がどこからともなく一斉に集まり、指揮者まで登場して中国国歌を大声で歌い続けたようです。
 彼らが掲げる赤い五星紅旗をみて北京オリンピックの聖火リレー時の中国人の乱闘騒ぎをふと思い出しましたが、彼ら中国人はふだんから国旗を用意して日本各地で生活しているということなのでしょう。

 大阪府警は、このような外国人による公道での集会やデモもどきを取り締まる気はなさそうですし、大阪維新は外国人参政権に賛成しているともいわれていますから、ますます中国人が増え、西成の中華街構想を皮切りに、大阪府内各所に次々にチャイナタウンが誕生するのも時間の問題かもしれません。
「大阪のかたはこれで本当にいいのですか」と問いたいですね。 *

大阪西成中華街構想

地蚤さんのツイート
大勢の中国人が大阪で中国国歌を斉唱。
今回香港の件で世界の各地でこういう現象が起きた
彼らは中国の愛国者なのか?違う!
中共に迫害された同胞に対し、彼らは一度も姿を見せたことがない。
しかし、中共の為なら一瞬で集まる。
私は海外にいる中国人の大半が中共予備軍にすぎないと思っている。

中国国歌 大阪

大阪 中国国歌斉唱 
なんばマルイ前で国歌斉唱する中国人

◆関連記事
中国・国防動員法の恐怖 「有事」認定で進出企業のヒト・モノ・カネを根こそぎ
 →有事になれば一方的に適用、海外滞在中も有効。予告なしに駐在員と家族は人質に?最悪の場合、海外との通信手段の全面遮断、口座凍結も。