※G7前に告げ口外交で根回しをしていた韓国を誰も相手にしなかったどころか、トランプ大統領から「信用できない嘘つき」と切り捨てられ、またもや赤っ恥の文在寅氏。
 米朝首脳会議でも出しゃばって仲介役を買って出たものの、金正恩氏から「(韓国が)口出しする問題ではない」「文在寅は使い走り以下の存在」と一蹴され、訪中時も「驚くほど冷遇され」て中国13億人の晒し者になり、日本からも戦略的無視をされ、どこへいってもぼっち状態、国内では自身の退陣要求デモが拡大。もはやどこにも居場所も隠れ場所もない状態のようです。

 GSOMIA破棄をめぐって日本を悪者にしようと画策したにもかかわらず、いまになって「日本が輸出規制強化を撤回するならGSOMIAも再検討する」などと戯言をいっているようですが、日本は韓国と違って閣議決定した件は撤回されることはありませんからすがりついても無駄です。自滅の道を突き進んでください  *

トランプ大統領

 ◇二日間にわたって「ウソつき」「信用できない」と痛烈に批判

 G7サミットで、アメリカのトランプ大統領が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を「信用できない」などと、2日にわたって痛烈に批判していたことが、FNNの取材でわかった。

 トランプ氏が文大統領を批判したのは、フランスで開かれているG7(主要7カ国)首脳会議の初日の夜で、首脳らが外交安全保障に関する議論をしている最中に、「文在寅という人は信用できない」などと切り出したという。

 政府関係者によると、トランプ氏はさらに、「金正恩(キム・ジョンウン)は、『文大統領はウソをつく人だ』と俺に言ったんだ」と重ねて批判したという。

金正恩
金正恩氏「文在寅は使い走り以下の存在」

 そして、トランプ氏は、2日目の夜に行われた夕食会でも、文大統領について、「なんで、あんな人が大統領になったんだろうか」と疑問を投げかけ、同席した首脳らが、驚いた表情をする場面もあったという。

 一連の発言に対して、安倍首相が反応することはなかった。

 政府内には、トランプ氏の発言の背景には、韓国が日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄したことなどが念頭にあるとの見方がある。
FNN PRIME2019年8月26日

文在寅の握手を無視するトランプ大統領
文在寅大統領の握手を無視、嫌悪感を隠さないトランプ大統領

文在寅の握手を無視
握手を無視して遠い目・・・

◆関連記事
米「文在寅政権、GSOMIAうそ」 米国が文大統領と青瓦台に強い不満
 →ポンペオ国務長官が文在寅政権を名指しで批判
【韓国】米軍の同意がないまま20日後に施行される北朝鮮に対する飛行偵察制限、「事実上の同盟破棄」で安全保障体制に懸念 →「監視能力が一気に低下」「これは米軍も危険に晒す」
2度目の南北首脳会談、秘密裏に実施 非核化をめぐる二枚舌外交のもつれ修復に苦慮する文大統領 →トランプ大統領は、北朝鮮の「強烈な怒りとあからさまな敵対心」を理由に中止を通告