旭日旗

 ガーディアン紙に掲載のアレクシス・ダッデン氏によって書かれたオピニオン、(日本の旭日旗には恐怖の歴史がある。東京オリンピックでは使用を禁止にするべきだ)

に対し、誤解を解く形で旭日旗の歴史や文化を説明する記事がオオタカ マサト氏によって投稿された。

 旭日旗を日本の軍事史を誇るものだと言ってしまうのは完全な間違いである。
太陽が描かれたこの旗のデザインは長い間、子供が産まれた時のお祝いや季節的な祭り事などの日本の日常の中での様々な場面で使用されてきた。
これは政治的な言説のためのものでも軍国主義の象徴でもない

日本文化としての旭日旗

 第二次世界大戦終結70周年に関した内閣総意による安倍首相の声明を見れば、日本が歴史の真実に向き合い、戦争中の行動に深く反省をし、謝意を繰り返し表明してきた事は明らかであるのに対し、ダッデン氏によって書かれたオピニオンはそれについては全く触れていない。

 我々は、旭日旗を揚げた日本の海上自衛隊の船舶が、中国(2019)、シンガポール(2019)、フィリピン(2019)、ミャンマー(2013)といったアジア諸国の港に抗議を受けずに入港しているという事実を指摘しなければならない。
1998年と2008年に海上自衛隊の船舶が釜山港に入港した時には、韓国からも異議はなかったのだ。

●旭日旗を日本で一番使用してるのは漁師です。
(韓国語表記)욱일기를 일본에서 제일 사용하고 있는 것은 어부입니다.
大漁旗
こちらからお借りしました

 実際、終戦から70年以上、国際社会から旭日旗への反発はなく、韓国は最近になって政治的な利用のために旭日旗への反発を作り出した。
オリンピックはそういった政治的な操作に利用すべきではない。
Ohtaka Masato
The Guardian Tue 12 Nov 2019

猿まね
サッカーアジア杯2011・準決勝の日韓戦

 ◇韓国が旭日旗問題を捏造 きっかけはサッカー選手の“猿まね”

 旭日旗問題がここ数年来降って湧いたように取り沙汰されるようになったのはなぜか。事の発端はサッカーのアジア杯2011・準決勝の日韓戦。

 韓国の奇誠庸(キ・ソンヨン)選手がゴールした際に猿真似のパフォーマンスをしたことが物議をかもし、韓国国内でも「サルセレモニーは国の恥さらしだ。スポーツマンシップに反する」などの批判を浴び、同選手が苦し紛れに「観客席に旭日旗があったから報復した」と発言。

サッカー選手の見苦しい言い訳から始まった旭日旗問題

 ◇旭日旗がなかったことがバレ、旭日旗問題にすり替え国家ぐるみで居直り

 後にあらゆる角度の映像などからこの発言が嘘であったことがバレたが、韓国側は例によって悪びれることもなく、このパフォーマンスを正当化するために「旭日旗は日本の軍国主義の象徴」などと歴史問題にすり替え、ヒステリックな反旭日旗の一大キャンペーンがスタート。

 慰安婦像量産の時期とも重なり、民族差別問題と絡めて日本叩きの格好の材料とされ、事あるごとに“過剰な旭日旗自粛要請”や“旭日旗狩り”を行って現在に至っている。 *