※このような卑劣な行為が野放しにされ、一方でこれを批判すればヘイト認定されるという理不尽なことが現実になろうとしています。
まあ、またこのような韓国批判や中国批判の記事を書くとブログに“異変”が起きるのでしょうが、何がどうであれ川崎市の在日特権条例には強く反対します。
「川崎市の新条例案は憲法違反である。日本人を差別する条例の制定には反対します」という趣旨で何度かパブコメも送りましたが、福田紀彦市長の会見などをみていると、そのような意見はなかったことにされているようです。
パブコメ募集も結論ありきのアリバイだったということかもしれません。

日本が旭日旗の持ち込みを禁じない方針を正式に発表したため、韓国は旭日旗だけでは弱いと思ったのか、このところ自国の汚染を棚に上げて「放射能汚染」を捏造して旭日旗とセットで言いがかりをつけてくるようになりましたね。
このような国とは到底付き合いきれません。 
GSOMIA終了も確定期日が迫っていますが、確定以降は韓国の恒久ビザ免除の廃止その他、各方面であらゆる自衛策を講じるべきです。 *


【ソウル聯合ニュース】来年の東京五輪・パラリンピックで競技場への旭日旗の持ち込みと放射能汚染が懸念される食材の使用に反対する韓国の市民団体「東京五輪戦犯旗・放射能阻止ネットワーク」の発足式が19日、ソウル市内で開かれた。


【ソウル聯合ニュース】来年の東京五輪・パラリンピックで競技場への旭日旗の持ち込みと放射能汚染が懸念される食材の使用に反対する韓国の市民団体「東京五輪戦犯旗・放射能阻止ネットワーク」の発足式が19日、ソウル市内で開かれた。

東京五輪で旭日旗持ち込みを禁止する決議」採択(韓国国会委員会)
旭日旗を引き裂く韓国人
旭日旗を破るパフォーマンス:韓国の日本大使館前-8月29日

 ネットワークは「今後、市・郡議会や市民団体と共に、旭日旗の持ち込み禁止と放射能食材の使用を阻止する運動を展開する」との方針を示した。

 韓国国会文化体育観光委員会の安敏錫(アン・ミンソク)委員長(与党・共に民主党)ら3人が共同委員長を務める。

 安氏は「近いうちに日本議会や組織委員会を抗議訪問し、国際オリンピック委員会(IOC)本部を訪れ、この運動を行う理由を説明する」と表明。「南北を含め、アジアの戦争被害国と国際的に連携しなければならない」として、「アジア諸国との連携を超え、平和を愛する世界市民による平和運動として発展させていく」との考えを明らかにした。

 発足式では競技場への旭日旗の持ち込みを禁じない方針を示している日本政府を批判し、旭日旗を破るパフォーマンスが行われた。
kimchiboxs@yna.co.kr
聯合ニュース 2019.11.19

(参考画像)
「間抜けな日本人の墓」と題された《あいちトリエンナーレ》の出展作品
星条旗で作ったドーム
「刑法92条外国国章損壊罪」に当たる可能性