dog
「ペットの権利を子どもの権利と同等に」

 ◇ペットの親権や相続、年金、公共サービスを受ける権利を保護

 イタリアでは、ペットの地位を向上させる法案が検討されている。同法案は、ペットの地位は「感情を持つ生き物」として定義されるべきとしている。事実上、新たな法案は、ペットの権利と子どもの権利を同一視している。

 イタリア紙「イル・ジョルナーレ」によると、ペットの地位向上の法案が採択され、民法に加えられた場合、飼い主はペットのあらゆる必要性に応じ、ペットが相応の生活を送れるようにする義務を負うことになる。

 この法案により、もし、ペットの飼い主の夫婦が離婚する場合、裁判所がペットを夫婦のどちらが引き取るか決める。また、犬は飼い主の家族と同じように教会や公共施設に行くことができ、引退し年金生活に入った警察犬は終身年金を受け取ることになる。
 また、法案では、ペットと飼い主を引き離すことも禁止している。もし飼い主が死亡したら、ペットは飼い主の親族が引き取ることになる。

 イタリアではすでに、動物の権利を保護する法律があり、動物を虐待した場合には高額の罰金が科される。

 また、政府も公共交通機関で犬を移動する際の運賃割引を行っているほか、公費で動物用のホテルも建設しており、飼い主とペットが一緒に時間を過ごすための特別なドッグビーチも設置している。
il giornale.it 2019年11月21日

犬