中国・上海で習近平国家主席の「独裁に反対する」などとして2018年7月、習主席の顔が描かれたポスターに墨汁をぶちまけるパフォーマンスをした女性が、入院させられていた精神病院から戻った。

 父親によると、女性はほとんど言葉を発さない状態で「入院前とはまるで別人」と話しているという。アメリカの政府系メディア「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

向習近平畫像潑墨被送入精神病院 湖南少女董瑤瓊出院完全判若兩人



■“何かしらの薬を...”
 パフォーマンスを行った女性は、湖南省出身の董瑶琼(ドン・ヤオチョン)さん。
 2018年7月4日朝、上海で「習主席と中国共産党の独裁、暴政に反対する」などと叫びながら、3度に渡って習主席が描かれたポスターの顔の部分に用意していた墨汁をかけた。

before→after

 董さんはこの様子を自ら動画に収め、ネットで配信していた。

 董さんはこのあと、中国当局により精神病院に入院する手続きを取らされ、父親も軟禁されるなどの処分に遭っていた。

 ラジオ・フリー・アジアが董さんの消息をおよそ一年半ぶりに報じたのは2020年1月2日。退院し、父親の元に戻ったと伝えた。

習近平の顔に墨汁をかけ精神病院に
精神病院に送られる直前の董さん(左)と退院後の董さん

 しかし、それは必ずしも董さんの無事を知らせるニュースではなかったようだ。
 記事によると、董さんは「お父さん」の一言を除き一切言葉を発さず、父親は「まるで別人だ。病院で何かしらの薬を盛られたのではないか」と話しているという。

 董さんの父親と連絡を取り続けてきた人権活動家・欧彪峰(オウ・ビャオフォン)氏は、最新の董さんの写真をTwitterに掲載している。
Huffingtonpost 2020年01月04日

        *

◆関連記事
「墨かけ女子事件」は中国民主化運動に発展するか?――広がる「習近平の写真に墨汁」 →「習近平の独裁的な暴政に反対する!」「中国共産党が私をマインドコントロールし、迫害していることを国際組織が介入して調査してほしい!」と動画で訴え、その日のうちに拘束され精神病院に送致

【一国二制度崩壊の危機】香港の若者は今なぜ人生をかけて政治活動を行うのか →「報道の締め付け、言論弾圧本格化の恐怖」「本土の中国人による人口侵略、経済侵略の不安」

元『鳳凰網』 の副編集長だったチャン・リンフェン氏
中国人ジャーナリスト チャン・リンフェン
1年かけて2本の指以外動かないように変形、破壊された手。鳳凰網 

劉暁波氏死去、米国務長官「妻・劉霞さんの自宅軟禁を解き、出国を認めるよう中国政府に求める」と表明 →劉暁波氏=ノーベル平和賞、民主化運動の象徴-習体制に高まる批判・中国

【中国】人権派弁護士に拷問 40時間休まず聴取、暴行…睡眠2時間
 →弁護士にも面会できない状態。「弾圧・迫害は中央政府の意思」

【拷問・弾圧】「反抗すれば24時間立ち続け」ウイグル収容施設、“民族浄化”の実態 →鎖で手足を拘束、24時間の洗脳教育、イスラム教徒に豚肉食を強要