テヘランで176人搭乗の旅客機墜落、全員死亡
ボーイング737型機墜落 乗客乗員180人全員死亡

【映像】離陸直後に旅客機墜落 

 (CNN) 乗客167人、乗員9人が搭乗したウクライナ国際航空のボーイング737型機が8日午前、首都テヘランのイマーム・ホメイニ国際空港を離陸直後に墜落し、イランの国営プレスTVによると、乗客乗員全員が死亡した。

 プレスTVは同空港の広報担当者の話として伝えた。国営メディアは当初、搭乗者数を180人と報じていた。

 在イランのウクライナ大使館はCNNに、乗客名簿の情報を収集中と述べた。

 イラン国営テレビIRINNが救急当局幹部の話として伝えたところによると、救急隊が墜落現場に急行したが、現場では火災が発生し作業ができない状況だという。

 航空追跡サイト「フライトレーダー24」はツイッターで、事故機は約3年半前から就航していたと述べた。

 半国営通信ISNAによると、墜落は技術的な問題によるものだという。

 ボーイングの広報担当はCNNに対して、報道は承知しており情報収集中と述べた。

 事故はボーイングに新しい最高経営責任者(CEO)のデービッド・カルホーン会長が就任する数日前に発生した。前CEOのデニス・ミュイレンバーグ氏は先月、小型旅客機「737MAX」の墜落事故2件やその後の対応をめぐり経営責任を問われていた。

 ボーイングは一昨年から737MAXの墜落事故が相次ぎ、計346人が死亡。その後同機は世界中で運航停止となった。同社は早期の運航再開を目指しているすものの、予定より遅れが生じるなど問題が発生している。
CNN 1/8(水)

■ボーイング737MAX
初飛行:2016年1月29日

        *

◆関連記事
【イラン】国営航空会社が、アメリカのボーイング社から80機の旅客機を購入
 →「737MAX」30機、「777s」「777―300ER」それぞれ15機
 →イラン国内では、核開発疑惑に伴う長年の経済制裁で航空機の老朽化が進んでいたが、核合意を受け今年1月に経済制裁解除(2016/7/1)

iran