※この半世紀で脅威となったインフルエンザウイルスのほぼすべてが中国で発生しています。
 中国は元々人口も多く、自然界のあらゆる物を食することでも知られていますが、少子高齢化に伴い一人っ子政策廃止(2015)したものの農業の衰退による食料自給率の低下が著しく、一方で手っ取り早く栄養を摂取できる動物性タンパクの需要は増加、人口が集中する都市部では、限られたスペースの市場に多種多様の動物が国内外から集められて売られているのが現状です。

 武漢肺炎(Wuhan coronavirus)の発生源となった武漢市の市場も、入り組んだ狭い通路に沿って約1000店舗が犇めき、大量の生鮮食品、野生動物が販売されていました。

 在日中国人などが神社のハトや他人の飼い犬、猫などを勝手に食べてしまったなどのニュースもたまに流れますが、移民の増加に伴ってあらゆる野生動物を食料とする文化が持ち込まれることで、今回のような人畜共通ウイルスが中国以外でも発生、拡散するリスクが高まり、さらに生態系への影響も予想されます。

 国際犯罪やパンデミックなどの水際対策が緩過ぎると言われている日本政府には、中国との経済関係の深化を優先するのではなく、国民保護・国防の観点から高レベルの危機意識を持つよう強く望みます。 *

春節で大移動

(CNN) 中国湖北省の武漢市で発生した新型コロナウイルスについて、中国に生息するアマガサヘビやタイワンコブラが感染源だった可能性を指摘する論文が、このほど学会誌に発表された。

 アマガサヘビは猛毒をもつコブラの仲間で、中国中部と南部および東南アジアに生息する。

タイワンコブラ
タイワンコブラ

 新型コロナウイルスによる肺炎は、昨年12月に武漢市で報告され、旅行者を通じて中国国内や海外にも広がった。世界保健機関(WHO)はこの新型コロナウイルスを「2019-nCoV」→「COVID-19」と命名している。

 報道によると、同ウイルスに感染して最初に入院したのは、武漢市の海産物卸売市場の従業員や利用客だった。
 同市場では食用の動物や爬虫類(はちゅうるい)も販売しているが、水産物のコロナウイルス感染は報告されていないことから、市場で売られていたそれ以外の動物から感染したとする説が有力視されている。

2019-nCoV

 ウイルス学会誌にこのほど発表された論文では、2019-nCoVが同市場で動物から感染したという説を支持している。

 研究チームが2019-nCoVの遺伝子配列を解析して他のコロナウイルスと比較した結果、重症急性呼吸器症候群(SARS)に似たコウモリのコロナウイルスと最も近い関係にあることが判明。2019-nCoVもSARSや中東呼吸器症候群(MERS)と同様に、コウモリが感染源だった可能性があることが分かった。

 しかし、2019-nCoVの遺伝子配列についてさらに詳しい生物情報工学解析を行ったところ、このウイルスがヘビから来ていた可能性が浮上した。

 野生のヘビはコウモリを餌にすることがある。武漢市の海産物市場ではヘビも販売されていたことから、コウモリからヘビに感染した新型コロナウイルスが人へと広がり、今回の流行を引き起こした可能性が高くなった。
CNN 1/23(木)

SARS発生源、キクガシラコウモリが有力―中国
中国科学院武漢ウイルス研究所の石正麗(シー・ジョンリー)研究員が率いる国際研究チームはこのほど、SARSウイルスに相似するSARSコロナウイルスを抽出し、キクガシラコウモリがSARSウイルスの起源であることを裏付けた。
SARS
キクガシラコウモリとハクビシン

広州の青果市場
生のムカデ食べて寄生虫に感染、青果市場で購入 中国
(CNN) 中国・広東省の広州で、頭痛などの神経症状を訴えて病院を受診した患者2人が、生のムカデを食べたことが原因で寄生虫に感染していたことが分かったとして、米医学誌に症例が発表された。

 7月30日の医学誌に発表された症例報告によると、78歳の女性患者は2012年11月に頭痛や眠気、認識機能障害を訴えて病院を受診。その数週間後に、46歳の男性が20日以上も頭痛が続いているとして同じ病院を受診した。

 2人とも髄膜炎の兆候があり、広州の青果市場で買ったムカデを調理せずに食べていたという共通点があることが判明。検査の結果、2人は「広東住血線虫」という寄生虫に感染していたことが分かった。

 広東住血線虫はネズミに寄生して成虫になり、人に感染すると脳に入り込んで髄膜炎を引き起こす。

 感染したカタツムリやナメクジ、オオトカゲといった生物や野菜の摂取が原因になることは分かっていたが、ムカデを食べたことによる感染はそれまで確認されていなかった。ムカデは中国伝統の漢方薬に使われている。

 研究チームはムカデからの感染を確認するため、2人の患者が買ったのと同じ市場でムカデ20匹を入手して調べたところ、このうち7匹から広東住血線虫の幼虫が見つかった。幼虫の数はムカデ1匹につき平均56匹だった。

「我々の知る限り、ムカデの消費を通じた広東住血線虫の感染が報告されたのは初めて」と研究チームは指摘している。
CNN 2018.08.01