◆首相、WHOの台湾参加支持 新型肺炎で中国念頭「排除では防止難しい」

 安倍晋三首相は30日の参院予算委員会で、武漢肺炎(Wuhan coronavirus)の感染拡大を受け、世界保健機関(WHO)に加盟していない台湾の参加の必要性を強調した。中国を念頭に「政治的な立場で排除しては、地域全体を含めた健康維持、感染の防止は難しい」と語った。

 中国は「一つの中国」原則を掲げ、台湾のWHO加盟や、WHOの年次総会へのオブザーバー参加を妨害している。
産経新聞 2020.1.30

※検査を受けられないまま死亡した潜在的な感染者、路上でバタバタ倒れている死者等はカウントしていないようですから、正確な感染者数、死亡率は不明のままです。


        *

◆関連記事
【WHO】発症17か国、中国の死者170人になってようやく「緊急事態宣言」 感染者1万人超える →

●不衛生なマスク工場で作られ「日本製」と偽装された中国製のマスクに注意 
上海のマスク工場では素手で袋詰め作業。
動画 

×「日本製」 →○「中国製」
中国のマスク工場「日本製」と偽装
「獨立包装」