第三国経由もNG 入国制限

 武漢肺炎(Wuhan coronavirus)対策で、厚生労働省は8日までに、日本人を含む中国や韓国からの入国者に2週間の待機を要請する政府方針について、第三国を経由して入国する場合も対象とすると明らかにした。
 6日に政府が入国制限を閣議決定した後、同省は「対象外」としていたが、方針を転換した。

 同省は6日夜にホームページに掲載した「水際対策の抜本的強化に関するQ&A」の「7日時点版」で方針変更を明らかにした。

 Q&Aでは2週間の待機を要請する対象範囲について「別の国を経由してきた航空機・船舶に搭乗してきた方は対象になりますか」という問いに対し、「対象となります。中国・韓国を出発地として来日した方は、検疫所でその旨を申し出てください」と変更した。入国制限は日本時間9日午前0時以降に中国、韓国を出発し、日本に到着する航空機の乗客乗員が対象で日本人も含まれる。

 6日の閣議決定は両国を出発する航空機の乗客全員を対象としているため、両国内の空港で航空機を乗り継いだトランジット客も待機要請の対象となる。一方で、両国から第三国経由での入国を除外することは「抜け道」を残す形となるとの指摘も出ていた。

 6日夜の時点では第三国経由については「対象外」としたうえで、「今後、世界の患者発生状況を踏まえ、必要があれば対象とする可能性がある」としていた。

 2週間の待機を要請する人には待機期間中に体調チェックを呼びかける健康カードを検疫所で配り、滞在先を自己申告してもらう。自宅や滞在するホテルなどへの移動には公共交通機関の利用を控えてもらう。タクシーも認めておらず、自家用車やレンタカーの利用を想定している。

 ホテル滞在費や移動費は原則自己負担で、厚労省の担当者は「負担が生じることを周知し、渡航の是非を検討してほしい」と呼びかけている。
日本経済新聞 2020/3/8

        *
中国・福建省の武漢肺炎患者隔離施設倒壊、爆破された可能性も
… 目撃者「ガラス破裂音や爆竹が飛び出るような音がした」、約70人が生き埋めに。

◆【中国・福建省】武漢肺炎の隔離ホテル倒壊、10人死亡 改築工事が原因か

福建省泉州市

 ◇中国、ビル倒壊当日に「福建省の感染者0、疑似患者0、入院者0」と発表

 【北京時事】中国福建省泉州市で7日夜、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した人の隔離施設として使われていたホテルの入るビルが倒壊した事故で、中国政府は8日午後4時(日本時間同5時)までに10人の死亡を確認したと発表した。

 取り残された71人のうち48人が運び出され、残る23人の捜索が続いている。このほか9人は自力で脱出した。

福建省 隔離ビル倒壊

 8日記者会見した市の説明によると、倒壊したビルは2013年に建設された高さ22メートルの7階建て。4~6階を占める66部屋のホテルは18年に開業した。事故発生時、ホテルにいた経過観察対象者は58人で、ウイルス検査では全員陰性だったという。

 ビルは7日午後7時(同8時)すぎに突然倒壊した。中国メディアによると、倒壊する3、4分前に1階で改装工事をしていた業者がビルのオーナーに電話で「柱が変形した」と伝えていた。
 ビルは、もともと天井のない吹き抜けだった2~6階部分を増築したことで、設計時より建物が重くなっていたとの指摘もある。地元当局はオーナーの身柄を拘束し、原因を調べている。
時事ドットコムj 3/8(日)



◆関連記事
【中国・福建省】台湾海峡で軍事演習=米台接近をけん制 →中国の海事局は、台湾の離島である金門島に近い福建省泉州市の沿岸を航行禁止区域に指定。

【中国・福建省】尖閣漁船に中国民兵100人超動員、日本への憎しみ教育 →海上民兵に日本への憎しみを植え付けるため、「南京大虐殺」や「甲午大海戦」(日清戦争の黄海海戦)といった映画を思想教育の一環として鑑賞させている。