GOGH
「Parsonage Garden at Neunen in Spring(春のヌエネンの牧師館の庭)」(1884)

【AFP=時事】(更新、写真追加)オランダの美術館で30日未明、巨匠ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)の絵画が盗まれる事件があった。
 美術館では武漢ウイルスの感染拡大のため一般公開が中止されていた。

 被害を受けたのは、首都アムステルダムの南東約30キロに位置するラーレン(Laren)のシンガーラーレン美術館(Singer Laren Museum)。同日はちょうどゴッホの生誕167周年に当たる日だった。

シンガーラーレン美術館
シンガーラーレン美術館

 警察によると、事件は午前3時15分(日本時間同10時15分)ごろに発生。
 犯人らはガラス製の扉を破って美術館に侵入し、1884年作の絵画「Parsonage Garden at Neunen in Spring(春のヌエネンの牧師館の庭)」を奪い逃走した。

 この絵画は比較的初期のゴッホ作品で、代表作「ひまわり」などのポスト印象派絵画を手掛ける前に制作された。
 美術調査員アルテュール・ブラント(Arthur Brand)氏は、推定価値を100万~600万ユーロ(約1億2000万円~7億1000万円)としている。

 同館は、オランダ政府による新型ウイルス感染拡大防止に向けた措置を受け、2週間前から休館していた。記者会見した館長は事件を受け、「ショックを受け、非常に立腹している」と表明。
「アートとは、鑑賞され、感動と慰めを与えるためのものだ。現在私たちが置かれているような苦難の時にはなおさらだ」と述べた。

 同館は、オランダの抽象画家ピエト・モンドリアン(Piet Mondrian)の作品や、オーギュスト・ロダン(Auguste Rodin)のブロンズ像「考える人(Thinker)」など、3000点の収蔵品を誇る。
【翻訳編集】 AFPBB News
時事ドットコム 3/30(月)

        *

◆関連記事
【フランス】ゴッホが「自殺に使用したとされる拳銃」がパリで競売へ
 →1960年ごろ、オーベル・シュル・オワーズの畑で、農民によって発見された拳銃

ゴッホ終焉の村
ゴッホが拳銃自殺の末生涯を閉じたオーベル・シュル・オワーズにあるゴッホの墓

ゴッホの「アルルの寝室」に描かれたベッドの行方 →ゴッホの甥が所有していたが、その後戦時中に財産を失った人への支援物資として仏南部のボクスメールへ
真贋論争続く「ゴッホのスケッチ」画集の日本語版刊行
 →未公開スケッチ65枚
【ゴッホのスケッチブック】真贋を巡る論争
 →蘭・ゴッホ美術館は贋作と一蹴 vs「本物派」は公開討論を要求
【フランス】ゴッホのスケッチブック発見=10点以上の絵 画集「アルルの霧」出版へ →2016年11月、フランス、オランダ、アメリカ、日本、イギリス、ドイツで発売予定