※ロイターの同日の記事で順位が「4位」、「3位」となっていますが、配信時間からすると「3位」が正しいようです。
 プーチン大統領は、各地方の代表に声を荒げて、「コロナ対策、時間を無駄にしたらそれは犯罪的な職務怠慢だ」と喝を入れているようですが、国土が広いロシアにおいて感染対策の徹底や感染者の集計にそれなりの時間を要するのは仕方がないとして、各担当者たちはプーチン大統領の怒りが爆発するのを恐れて冷や汗ものの毎日であると思われます。
 緊張感も切迫感もあまり感じられない一部の官邸中枢幹部や親中派国会議員、首長だらけの日本とは大違いです。 *

ロシア

[モスクワ 11日 ロイター] - ロシアでは11日、新型コロナウイルス感染者の累計が22万1344人となり、イタリアと英国を抜いて世界で3番目に多い国となった。過去24時間で1万1656人増えた。1日当たりの増加数としてはこれまでで最多だ。

 ロシアより感染者累計が多いのはスペインと米国のみ。ロシアでは感染者と死者の半数以上がモスクワに集中しており、11日には一晩で新規感染者が6169人増え、累計で11万5909人に達した。

ロシア国内の死者は94人増え、累計で2009人。多くの国よりもかなり少ない水準にとどまっており、ロシア政府批判派からは疑念の声も出ている。

ロシア当局者は感染者の拡大と多さについて、これまでに560万件超実施している大規模な検査プログラムが背景にあるとしている。
ロイター  2020年5月11日-19:10 

プーチン大統領

 ◇プーチン大統領、感染急増も「封鎖の段階的緩和措置」を命じる

 ロシアのプーチン大統領は、感染の急増にもかかわらず、コロナウイルスの封鎖を徐々に緩和することを命じた。
 モスクワ(ロイター)-ロシアのプーチン大統領は月曜日、感染が急増したにもかかわらずコロナウイルスの封鎖措置を段階的に緩和すると発表し、ロシアがイタリアを上回ったため、世界第4位となった。

 プーチン大統領は、テレビ放映された全国的な演説で、火曜日から、多くの人々が自宅や会社で働くことを余儀なくされた制限を解除し始めると述べた。
 失業率が月に140万に倍増したなか、プーチン大統領は、企業や生活が破綻した子供を持つ家庭のための新しい支援策を明らかにしました。

 プーチン大統領は、規制の解除は段階的であり、世界最大の我が国の個々の地域の状況へのアプローチを調整する必要があると強調。ちなみにモスクワは、独自の封鎖措置を5月31日まで実施するとしている。
REUTERS 2020年5月11日-17:42

        *

◆関連記事
【ロシア】2020年に警察が「顔認証メガネ」を導入へ