ブラジル大統領
ジャイール・メシアス・ボルソナロ大統領

 ◇ボルソナロ大統領、WHO脱退を検討 盟友トランプ氏に同調

 【サンパウロ時事】ブラジルのボルソナロ大統領は5日、世界保健機関(WHO)が政治的に偏っているとして脱退を検討する意向を示した。

 新型コロナウイルスへの対応をめぐり、WHOが中国寄りだとして脱退を表明した「盟友」のトランプ米大統領に同調した。

 ボルソナロ氏は大統領公邸前で記者団に対し「米国は脱退(を表明)した。われわれも将来的に検討する。WHOがイデオロギーを排して活動しない限り、われわれも抜ける」と強調した上で、「国内の保健衛生について、部外者のおせっかいはいらない」と述べた。両大統領は1日に電話会談。米ホワイトハウスによると、「保健衛生問題での協力」を確認した。

 ブラジルは新型コロナの累計感染者が米国に次いで世界で2番目、死者は米英両国に次いで3番目に多い。
 各州や市がWHOの指導を参考に経済規制などの拡大防止策を取っているが、雇用重視のボルソナロ氏はこれを一貫して批判。これまでにWHO寄りの保健相を更迭している。
時事ドットコム 6/6(土)

ボルソナロ大統領

        *

◆関連記事
トランプ米大統領 WHOからの脱退を表明 新型コロナ対応めぐり →「資金の拠出を恒久的に停止、拠出金は別の目的に」

【Wuhan coronavirus】トランプ氏、WHOの拠出金停止を表明「中国寄りの立場で偽情報を広め、感染を拡大させた」 →「WHOの誤った指示により多くの国がウイルス封じ込めに失敗、悲劇生んだ」

トランプ氏、WHOへの拠出金見直し策を来週発表 「台湾のコロナ早期警告を無視、中国に過剰な配慮」 →「WHO+中国」とは別枠で国際的な新型コロナ対策の態勢を構築する考え。テドロス事務局長の辞任要求署名が102万人を超える5月2日)

テドロス エチオピア共産党の幹部
テドロス事務局長は過激派エチオピア共産党、ティグレ人民解放戦線の幹部