※いわゆる“ネトウヨ”は、日本人の聖地ともいえる靖国神社に落書きなどしませんから、靖国神社を犯行現場に選んだ時点でなりすまし失敗、いかにも稚拙な犯行というしかありませんね。
 日本人は神仏を祀っている場所は木や草、玉砂利一つにいたるまで神聖なものと思っていますから、爆発物を仕掛けたり(韓国人)、境内で旗を燃やしたり(中国人)、何かを盗んで持ち帰ったり(韓国人)ということも絶対にできません。国家のために殉難した英霊を祀っている靖国神社なら尚更です。 *

靖国神社トイレ 「武漢人皆殺し」と落書き

 ◇「ネトウヨに一矢報いようと思った」と供述

 靖国神社のトイレに外国人を中傷する落書きをしたなどとして、警視庁麹町署は3日、建造物損壊などの疑いで東京都江戸川区南小岩、会社員、川辺将(すすむ)容疑者(33)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は5月4日、東京都千代田区九段北の靖国神社のトイレ個室の壁に、筆記用具で「武漢人を皆殺しにしよう」「なんで靖国神社なのに韓国語の案内を出してんだ」と落書きしたなどとしている。

 同署によると、川辺容疑者は落書きを他人の行為に見せかけるつもりだったと説明し、「ネトウヨに一矢報いようと思った」と供述しているという。
産経新聞 2020年6月3日


靖国神社

 ◇武漢の人「殺す」と落書き 靖国神社、公衆トイレに

 靖国神社(東京都千代田区)の敷地内にある公衆トイレで、新型コロナウイルス感染症の震源地となった中国湖北省武漢市の人を「皆殺しにする」などと中傷する落書きが見つかったことが5日、警視庁麹町署への取材で分かった。同署が器物損壊容疑で捜査している。

 同署によると、落書きは2カ所の公衆トイレで見つかった。いずれも男性用個室の壁に、黒のフェルトペンのようなもので書かれていたという。4日午後5時ごろに一般の利用者が発見し、神社が署に通報した。
産経新聞 2020.5.5

        *

◆関連記事
靖国神社で“新聞紙”燃える 中国人の郭紹傑容疑者(55)を逮捕 「南京事件に抗議」 →尖閣諸島に上陸したことがある「保釣行動委員会」のメンバー

【靖国爆破テロ】発火装置「置いた」 韓国人の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者供述 →「爆発物を仕掛けるために来日した」

【靖国神社爆破テロ】韓国人の全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)を逮捕 →チョン・チャンハン(全昶漢)容疑者、トイレの吸い殻と衣類のDNA型一致

寺から「仏像」盗んだ疑い、韓国籍の男ら2人逮捕 和歌山南部では「同様の被害」相次ぎ、警察が関連も捜査 →韓国籍の山口諭こと崔諭容疑者(45)と木田秀孝容疑者(43)を逮捕