COVID-19

 厚生労働省は9日、海外から成田空港に到着した外国籍の10歳未満から60代の男女15人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。いずれも発熱やせきなどの症状はない。パキスタンやペルー、メキシコでの行動歴があった。

 厚労省によると、15人は7、8日に空港に着いた。このうち14人は東京や神奈川、富山、岐阜、愛知の1都4県在住で、残る1人は非公開。空港検疫で感染が確認されたのは計224人となった。
産経新聞 2020.6.9

        *

◆関連記事
【ブラジル】ボルソナロ大統領、WHO脱退を検討 盟友トランプ氏に同調 →「WHOは政治的に偏っている。米国は脱退(を表明)した。われわれも将来的に検討する」

トランプ米大統領 WHOからの脱退を表明 新型コロナ対応めぐり →「資金の拠出を恒久的に停止、拠出金は別の目的に」

【Wuhan coronavirus】トランプ氏、WHOの拠出金停止を表明「中国寄りの立場で偽情報を広め、感染を拡大させた」 →「WHOの誤った指示により多くの国がウイルス封じ込めに失敗、悲劇生んだ」

トランプ氏、WHOへの拠出金見直し策を来週発表 「台湾のコロナ早期警告を無視、中国に過剰な配慮」 →「WHO+中国」とは別枠で国際的な新型コロナ対策の態勢を構築する考え。テドロス事務局長の辞任要求署名が102万人を超える5月2日時点)